スマメイト for WiiU

スマメイト for WiiUは、大乱闘スマッシュブラザーズの対戦、交流を目的としたWEBサービスです。 登録することで、気軽に対戦相手を募集できるフリー対戦や、実力計るレーティング対戦、他にも全プレイヤーに公開する日記などの機能を使用できます。
登録にはTwitterアカウントが必要です。Twitterへの登録はこちら。

新着のレーティング対戦

募集

46210

?????


対戦相手待ち
終了

46206


終了

46203


新着のプレイヤー日記

マルスで勝てずプリンで勝てる相手【改善点:回避狩り】(0)

レート1300のお話いままで格上・同格の相手と戦うときはプリンでは歯が立たず、マルスでようやく戦える程度だった。しかし、どこかおぼつかない動きをする相手にはプリンのほうがずっと安定していて圧倒的に勝率が良い。単に、最も使用しているキャラがプリンだということだけであれば格上相手にもプリンが通用するはずである。逆に、格上といい試合ができるマルスでなぜ安定しないのかがずっと謎だった。今まで気付かなかったが、恐らく自分は、マルスでは回避狩りがとても苦手ではないかという結論を出した。おぼつかない動きというのは、要するにコロコロマンのことだ。今までここに気付くことができなかった。プリンでは回避狩りに適した長い持続技や、回避のリスクを与える眠るによって相手が回避しづらい状況を知らず知らずに作っていたという仮説が有力である。一方マルスでは持続の長い置き技が無く、地上回避や崖際においての行動においてリスクを付けられていないことが考えられる。事実、その場上がりや回避上がりにピッチリ技を決めた記憶がない。これは、回避を始めとする無敵のついた行動にうまく技を重ねることが出来ていないことを意味する。今はマーベラスを振ることが多いが、読み間違えると反確を取られてしまう。海外の大会の様子を見て、自分が出来ていない要素、これらの改善点をいくつか探してみた。①地ダNB②振り向き掴み③横スマ(リスクは大きいがバースト圏内時に有効)④崖奪い~スマブラ中級者には基礎過ぎて欠伸がでそうなラインナップである。今日からしばらくはこれらの安定化を練習することにする。

テクスチャハック音楽ハック(0)

詳しい人いたらツイッターでリプかDM下さい

気持ち的に(2)

こんばんわ口だけ口だけといっていた前回の日記からまた期間が空きました本当にダメプレイヤーだと思います。お友達から、誰かに見てもらうんじゃなくて自分の気持ちを整理するために日記を書くといいんじゃないかなって言われたので。前は、緊張したり、頑張りすぎたりしていてあんまりいいプレイもできなかったし今期は負けがこみすぎています。でもどっちにしても、考えながら数をこなさないと上手くならない、と最近は割と吹っ切れてプレイすることが少しできるようになった気がします。他のゲームに浮気しても、最後にはスマブラに戻ってきてしまうし、やっぱりスマブラ好きだなぁ今日は、同じレート帯でこんな人に勝てるんかな…と思ってしまう相手とマッチしてました。カービィに、持ち味のチャージビームも吸い込まれて、逆にそれを使われてボロボロに負けてしまったあと正直僕は泣きそうでした。イライラもしてたと思います。自分では、分からないところがありつつも考えて闘ってるつもりでも脳が追いつかないうちに圧倒されて負けることが多いです。そういうときは、悔しいというよりもなんかどうしようもない感じがしてイライラするんだと思います。最近は、通話しながらスマブラしてて、負けてしまっていた時たまにイライラしてしまう時がありました相手からしても、それって結構嫌ですよね。こっちは楽しくしたいのに相手にイライラされてたら嫌ですよね。それが自分でもわかるから、本当はイライラせずに冷静に負けを認めたり、分析したりして闘っていきたいです。すると、次のマッチの相手が同じ人でした。今度はリベンジするつもりで…、負けたらいい経験だと思うことにしようと挑みました。1戦目とはまた違うファイターを使ってきて、それが苦手なむらびとだったので絶望しながらも、諦めたら全部終わりだからと、粘り強く挑んだ結果からくも勝利を収めることが出来たんです。なんだか今日は、その人のおかげで少し成長できた気がします。これからも挑戦していきます。1308→1293

むらびとの説明書ください。(5)

自分が使うむらびとはとにかく、ワンパターンなんです。とにかく、埴輪とパチンコまいて、弱連と、時々つかみとにかく、パチンコまきながら、相手から逃げながら戦っているやつです(※おそらく嫌われる戦い方)とにかく、戦っていると自分でもワンパターンだなと思うぐらいなんです。しかし、ほかの攻撃の選択肢が思い浮かばないんです。一戦目は、何とかなるのですが、2戦目からは確実に終わります(※癖みつけるの、はやい人は一戦目から)むらびとの説明書ください。

ミラーについての個人的見解(0)

スマブラをしているときにミラーという言葉を聞いたことはないだろうか。ミラーとは日本語で鏡、つまりは自分と同じ状況であること。スマブラにおいて、それは同じキャラクター同士が対戦することを一般的に指す。スマブラにはMiiファイターを含めて、全部で58ものキャラクターがいる。一見すると58キャラクターの中から互いに1体ずつ選択し、ミラーになる確率はかなり低いものと思われるが、スマメイトの神機能である『使用キャラクター別にプレイヤーを抽出する』という機能を使ったところ、使用キャラクターに結構な偏りがあることが分かった。第11期スマメイト(WiiU)で例を出すと、クラウドの使用人数が113人、Miiファイター剣術が2人といった極端な結果が出ている。使用するキャラクターによっては、ミラーを経験したというプレイヤーもそう珍しくはないはずだ。さらにスマブラforWiiU/3DSでは、各キャラクター8種類のカラーバリエーションがある。これは、最大対戦人数8人(WiiUのみ)が同じキャラクターを使用した場合に、互いを認識しやすくするために設定された項目で、みなさんもお気に入りのキャラクターのカラーバリエーションがあるのではないかと思う。結局何が言いたいかというと、オレはこのスマメイトを始めてミラーいうものについて大きく学んだことがあり、それをつたない文章ではあるが、実際に起こった例をあげてみなさんへ説明しようと思う。今後のスマメイトにおいて、ささやかだが参考になれば幸いである。ある日、オレはスマメイトのレーティング対戦で、最近使い始めたばかりのピーチで対戦していた。自分なりにいけると思ってスマメイトで使用したものの、立ち回りやキャラの強みについていまいち理解していなかったため、スマメイトの強者達になすすべなく敗北を繰り返していた。途方にくれたまま、ひたすら対戦しているとレート1500を持ったレーティング初対戦の方と対戦することになった。ルールを把握しているかステージ選択は大丈夫かなどと余計な心配をしつつ、とりあえず対戦開始を押した。慣れない戦場の台が映し出され不安に思っていると、対戦相手のキャラクターが同じピーチであることに気づいた。ミラーである。互いにたくさんあるキャラクターのうちの1体を選択し、少ない確率での対戦が今ここに決定した瞬間である。特に、ピーチミラーは珍しかった。ピーチを使って50戦ほどしていたが、いまだ誰ひとりとしてピーチを使用してきたものはいなかったのだ。オレは驚きと同時に湧き上がる嬉しさを抑えつつ、ミラーをした。自分のピーチがどこまで通用するか分からないが全力で立ち向かった。結果、2タテという圧倒的大差をつけられ対戦が終了した。しかし、オレはどこか興奮していた。相手のピーチが、見たこともないようなコンボや浮遊テクニックをしてきたのだ。もっと見たい、もっと対戦したい。オレは、2戦目に備えピーチを再び選択しようとしたとき、ふと思った。相手のピーチも赤いドレスを着ていたなと。だからなんだ童貞、ドレスよりもパンツの色が大事だろうがというお声が聞こえてきそうだが、実際にプレイしてみるとこれが結構見づらい。キーコン設定により、たとえ同じカラーであっても見分けはつくようになってはいる。ところが、同じカラーのピーチ2体が激しい戦いを繰り広げていると、一瞬見分けがつきにくい、ピーチとピーチが激しく戦うってなんだか少しいやらしくはないかと思ってしまう場面があった。現に、対戦を開始したとき互いにカブをぬいたあと崖へ一目散に向かうという、ミラー憲法第9条に記載されているお決まりのミラーあるあるも経験した。よって、ミラーかつ同じカラーバリエーションはとても見づらいゆえに対戦にも支障が出る。さらに、なぜかオレのピーチのほうがすこしどす黒くなり、モブピーチのような扱いを受けたのも少し気に食わなかった。そこでオレは考えた。自分も相手も最高のピーチミラーをするには、カラーバリエーションを変えねばと。ここでピーチのカラーバリエーションを見てみることにしよう。カラー1:ノーマルカラーカラー2:デイジーカラーカラー3:赤カラー4:青カラー5:緑カラー6:白(ウェディングドレス)カラー7:赤と白(ファイアピーチ)カラー8:黒※オレと対戦者はカラー3の赤を選択して対戦した。またこのままだと、お互いカラー3同士を選びかねないので、オレは直感でカラー8の黒を選択しようと考えた。マリオやヨッシーやロゼチコ、パルテナやゲムヲなどにも黒のカラーバリエーションがあり、黒はカラーバリエーションの基本ともいえるカラーであると思ったからだ。ん、何だろうか?ゲムヲはデフォルトがそもそも黒じゃないかって?そういったひねくれた考え方をしたあなたは、童貞じゃないんですか?チョコはもらえたんですか?え、僕ですか?サボテンをもらいましたよ。申し訳ない。話がそれてしまった。結果として、黒は玄人向けイメージがあったため童貞殺しでおなじみのカラー6白を選択することにした。(対戦相手が童貞、はたまた男性か女性かすらわからないが、スマブラーの大抵は童貞という噂を耳にしたこともあり白にした)ふと、ここでオレは思った。相手も同様にカラーバリエーションを変えてくるのではないだろうか。こんな不安が脳裏をよぎったのだ。カラーバリエーションについては、2つのタイプがいると思っている。カラーにこだわりがある人と全くこだわりがない人の2つのタイプだ。自分は後者であり、ゼロサム様の肌の露出が変わるあのバリエーション以外に関しては特に何でもいいと思っている。カラーで性能が変わるなんてことはないし、正直変えるのが面倒だ。しかし、カラーにこだわる一族のみなさんはほんとうにすごい。黒トリン、赤ゼロサムなる言葉があることをご存じだろうか。まるで、ジャニーズの担当やアイドルの推しメンのような使い方をしているをたまに見かける。逆に言えば、それだけ使っているキャラクターに愛着や相棒としての強い思いが込められていると言えなくもない。果たして、このピーチ使いの人はどちらの人種だろうか。オレはこの人の強さや使い込み具合を見る限り、カラーにこだわる一族と予想した。そうして、童貞殺しの白ドレスを着たピーチで対戦OKを押して、相手の対戦完了まで待った。対戦相手がなかなか準備完了にならない。もしや予想と反して、相手もどのカラーでいこうか迷っているのだろうか。…いや少しお待ちいただきたい。もしこれでまた同じカラー同士のピーチになったら、それはそれで逆にすごいのではないだろうか。お互いの相性抜群、はたまたセッ〇スパートナーにまで発展してもおかしくなのレベルの話ではないか。もしそうなったら、オレはまっさきに対戦後にこの人をフォローするであろう。そして、チームの相方にしてピーチ&ピーチで頂点を目指したい。そうだな、チーム名は『右のおしり、左のおしり』これにしよう。キーコン名はオレがライトヒップで、相方をダークヒップにして、え、レフトヒップじゃないんすか!という相手の驚きの心理も含めた作戦といこう。そうこうしているうちに画面が暗くなり、対戦が始まった瞬間オレは目を疑った。大剣を持った見たこともない男が襲いかかってきたのである。------【WiiU:1500→1500→1500→1500→1500→1500→1500】【3DS:1500→1087→1042→958→892→756→868】最終的にミラー、いやスマブラで大切なのは読みあいということを伝えたかったのだ。

ランキング

1
2103
2
1977
3

lc


1966
4
1965
5
1944
6

SNG


1932
7
1931
8
1917
9
1912