ロンさんのプレイヤー日記一覧

プレイヤー日記について

投稿された日記の一覧ページです。
スマメイト for WiiUに登録することで、日記を書くことができます。

日記一覧

ヨッシーの技解説を長々と。+新作について一言二言(0)

注:かなり長いです。あと読みにくい文章なのでご理解の上お読みください弱 けり→けりけり 3%→4% 発生3F Sリーチは短めだが、発生が早く全体的に隙も少なめな二段攻撃。暴れとして優秀なだけでなく、弱弱からDAやダッシュ掴みが繋がったり弱からスマッシュが繋がったりコンボの始動としても優秀。特に高%での弱スマッシュはヨッシーの主力となるバースト手段の一つ。しかしそれゆえに相手にも警戒されやすいので工夫が必要である。昔の僕は弱1からのバーストばかりを狙ってガードされていたい目ばかり見てきたので今は弱1は基本反確をメインにしてそれ以外は他の方法でバーストを狙うことが多くなっています。強いことは強いけれど過信は禁物。横強 しっぽはたき 7%(中)8%(上、下)発生5F Dリーチが短い上に後隙も大きく、更に特に高いダメージや吹っ飛ばしを誇っている訳でもないので使い所に困る技。一応発生は他の強攻撃よりも速いが、それでも弱でいいじゃんとなってしまうのでやっぱり使えない。ゴミ。DXみたいな足でキックにしてほしい。あと今作から名前がつよいけりじゃなくなったのはなんでだろうか……上強 しっぽつきあげ 7% 発生8F A持続が長く、振りきった尻尾の先にも判定がある。尻尾の判定がそこそこ強く、対空性能に優れているので着地狩りに使いやすい。更にこの技は固定吹っ飛ばしが強く、相手を低く浮かせられるため当ててからの追撃がしやすく、火力を取りやすいのも魅力的。対空だけでなく弱からのコンボなどで無理矢理当てにいって高火力コンボを狙うのもあり。使いこなせるようになるとかなり強い技。この技の使い方がわかってからヨッシー使うのがより楽しくなりました。余談だが、全キャラの上強で一番撃墜力が低い上強でもある。(だからといって弱い訳ではない)下強 かいてんしっぽ 5%(根本)4.5%(中心)4%(先端)発生8F B3段階でダメージが分かれているが、僅かな差なのでほぼ気にしなくて良し。ちなみに5%と4.5%部分のSEは同じである。ダメージは低いが、リーチがあり隙も少なめなので近距離での牽制に使いやすい。ダメージが溜まると相手が倒れ吹っ飛びになるようになる。地上ならほぼ床にダウンするのでDAで追撃したり起き上がりや受け身を読むのもあり。崖外ならメテオ追撃に行く手もある。実は結構優秀。余談、前作までは「しっぽアタック」だったのだが、今作から空上と同じ名称になってしまった。何故。(他に同キャラで同名の技を持っているキャラにはピットの弱3と前投げがある)横スマ スマッシュずつき 13~15% 発生14F B判定が3つで分かれているが、ぶっちゃけどの部分が一番強いのか詳しいことはわかっていません。(体感は先端13%、頭の中心が15%な気がする。14%不明)リーチが長く、発生前とホールド中はヨッシーが大袈裟に頭を引くので相手の甘い差し込みに対する反撃に使いやすい。吹っ飛ばしは15%部分で並程度。先ほどの通り自然とカス当たりになりやすいのでムラが結構あるのが難点。加えてガードされてスマッシュが間に合うほどに隙も大きいためむやみやたらに使うのは危険。ちゃんと状況を見極めて。それとこの技、持続が1Fしかないため、相殺の際にダメージで大きく勝った時に他の攻撃だと大きい側が一方的に押し潰せるのに対し、この技は相手は相殺モーションこちらはスマッシュを続けているにも関わらずそのまま押し潰してダメージを与えることができない。もう一つ、この技は根本に攻撃判定が無い。例えばシールドブレイクに成功して相手を押し出して横スマを決めようと思ったら距離が近すぎたせいで当たらなかったという経験をしたヨッシー使いも絶対いるはずである。弱い技ではないが少々欠陥が多い。ちなみにシフト変更しても威力は変わらない。上スマ ちゅうがえりげり 14%(本当て)12%(カス当て)発生11F S今作からの新モーション。サマーソルト。ヨッシー!上へのリーチに優れるため着地狩りに使いやすい。戦場の台上への相手にも攻撃可。発生と吹っ飛ばしもスマッシュとして申し分ない。かなり優秀。隙はまあまああるものの、ゲムヲやベヨみたいなスマッシュの発生が遅い相手なら案外ガードされてスマッシュでの反撃は取られにくかったりする。ヨッシーの主力バースト手段。僕はこの技でのバーストが一番多いです。弱から当てるのが間違いなくヨッシーの基本なのだが、弱の項目でも書いたようにそればかりだと読まれやすく、一部キャラには入らないことも多いため、時にはぶっぱなすことも必要(だと個人的には思う)。ヨッシー自身足が速い上にこの技も上へのリーチが長いため、バッタする相手なんかには結構刺さるイメージ。掴みを警戒させることでバッタを誘いやすくなるので上手く工夫して当てたい。個人的にはかなり評価が高く、そしてかなり重要な技。ヨッシー!下スマ ぜんごしっぽ 12%(根本)10%(先端)発生7F Dダメージは前後とも変わらないが、吹っ飛ばしは前より後ろの方が強い。順番で表すと後根本→前根本→後先端→前先端の順に弱くなる。発生は早めだが、後隙が大きい。しかもそのくせしてスマッシュとしては吹っ飛ばしが微妙。リターンが釣り合わないのであんまり使う理由がない。弱からの連携では確実に入れやすいため、主に弱連携での火力取りに使うぐらい。また、弱上スマが入りづらい落下が速いキャラに対してはこちらは確定することが多いのでこれでバーストする機会も増える。それでもこの技自体はやっぱり微妙。DA ダッシュげり 9%(出始め)6%(終わり際)発生10F B上スマと同じく前作より頭突きからキックに変化。移動距離がかなり長く、密着して当てるとガードされてもめくるので反撃されにくい。後隙はあるので逆に持続部分でガードされると反確余裕。調子に乗って何度も使わないように。発生はDAとしてはやや遅いが、移動距離の長さから差し込みに使いやすい。隙あらばこれで反撃しにいこう。ダメージが増えてもあまり吹っ飛ばないのでフィニッシュには不向き。なお、持続部分が当たった相手には空上が間に合うこともある。空N ヨッシーキック 10%(出始め)7%(中間)5%(終わり際)発生3F S暴れ強い組特有の3F空N。暴れとしてはもちろん、ガーキャンからの反確取りとしても使いやすい。(特にヨッシーは掴みの発生が遅いのでこれでの反撃はほぼ必須)中%辺りまでの相手には相手の方に向かいながら当てることにより他の技に繋がることも多い。空N→空前メテオでそのままバーストなんてコンボも。ダメージの溜まった相手にはバーストにも使いやすい。言わずもがな強力。ただ若干判定が弱かったりする。(例、ルイージの空Nに判定負けしやすい)空前 かいてんずつき 14%(先端)15%(密着)発生16F Aメテオ技だが、発生の遅さと大振りな見た目に反し、全体Fや着地隙はかなり少なめ。しかも今作からヨッシーの頭がかなり大きくなるためリーチも長くなった。そのため牽制に使いやすい。引きながらの着地空前は一部キャラには非常に脅威となる。全体Fの短さからこの技を避けられても空Nや空上でダブルマークナルが可能。超反応のCPUですら空前回避させてから空Nで狩れる。復帰が弱いキャラにはとりあえず見せるだけでも有効。地上でメテオになれば相手が受け身をミスった場合、確定で上スマや空上に繋げられる。バーストも可。発生は遅いので主に置き技として使うべし。置きとしてはかなり強いが、判定は見た目より強くない。(プリンの空中攻撃に負けることも)マルスのようなリーチ判定に優れたキャラが相手の時はむやみやたらに振るのは危険。判定面のことを考慮してSではなくAという判断になりました。ちなみに頭を振り下ろした時に斜め下側へも攻撃が可能で、これを利用すると崖掴まり中の相手にも技を当てられる。たまに二度目の崖掴まりでなくても当たることもあるのでワンチャン狙っていくのもあり。空後 あばれしっぽ 2.5%→2.5%→5% 発生11F B今作から3段ヒットに。1段目と2段目は地上の相手は吹き飛ばし、空中の相手には次が当たりやすいような特殊な吹っ飛び方をするようになっている。(ちなみにアプデで空中版は連続ヒットしやすくなった)3段目はまずまずの吹っ飛ばしがあるため、バーストに困った時はこの技が頼りになることも。ちなみにベクトルは上寄りなため。ベク変を内にしていると星バーストしやすくなる。ヨッシーを相手にする際は頭に入れておこう。ヒットストップが長めな上に多段ヒットなのでガードされると反撃されやすい。発生も速いとは言い難いので気軽に振るような技ではない。しかし、ヨッシー使いでもこの技を使う人って結構少なめな印象であり、困った時のバーストにも使えるなど決して使えない訳ではないのでヨッシー使いの人もこの技をもっと使っていってほしいと僕は思ってます。しかし欲を言えばXの性能に戻してほしい。空上 かいてんしっぽ 12% 発生5F S発生5Fとかなり早めだが、空中攻撃としては十分強い吹っ飛ばしを誇る。ヨッシーの高いジャンプ力を生かして高い所の相手へ追撃にいけば思わぬ%で撃墜できることも。最速SJ回避から出すと地上の相手にも当てられる。当然ダメージが高ければバーストの択の一つに。着地隙も少なく、ダメージの低い相手に着地空上を当てることで上強や空上に繋げて高火力を取ることもできる。見た目よりも長いリーチと固い判定もこの技の強み。判定に関しては上スマよりも強いと思われる。例としてクラウドの上Bの落下に尻尾の先端を当てれば無傷でクラウドに空上を当てられる。(失敗のリスクは高いが上手くいけばクラウド側にリスクをつけられる)使いづらい点を挙げるとすれば横へのリーチがやや短いぐらいでそれ以外はほぼ文句なし。尻尾強し。ちなみに下強と名称が同じだけどさっき書いてあった通りこちらは64から名前は変わっていません。あちらが名前を真似てますはい。空下 ばたあしキック 3×6+2×6+1(合計32%) 着地攻撃1% 発生16F B全段当てで30%以上ものダメージを取れるお馴染みバタバタキック。同じ高さの相手に全段当てるのは厳しい(それでも20%前後は取れるが)ので台上などの相手に上りで当てに行くのがベスト。ガードされてもシールドを大きく削れるのでプレッシャーになる。ちょっと削れていれば割ることも可。若干リスクは高いが、崖離しから上りで当てる手もある。特にクッパやドンキーのようなデカキャラにはガンガン入るしガードされてもシールド漏れさせやすい。また、今作から最終段と着地攻撃が追加。最終段は低%でも固定吹っ飛ばしで相手を飛ばすようになっており、当ててから着地して空上が確定で決まる。またヨッシーの前側で当てるとベクトルが真横になることもある。メテオとしてこの技を使う場合、最終段を当てると相手を浮かしてしまうのでメテオを狙う場合は相手と軸を外して途中まで当てて抜けさせると効果的。着地攻撃は相手をのけぞらせる効果があるため、前作までのように当ててる途中に着地したら反確取られるということはほぼなくなった。………と密かに強化された点も多め。火力稼ぎの他、メテオにも使えるしチームではこの技をガードさせて相方に攻撃を加えてもらってガークラさせることだって可能。使い所を見極めればそこそこ強い技。掴み その場14F D ダッシュ11F C 振り向き10F C舌を伸ばして相手を捕らえる。総じてリーチが長い反面発生が遅く後隙も大きい。その場掴みに至っては発生もめちゃくちゃ遅いためほぼ使わなくて良し。ダッシュと振り向きは発生まだ速くリーチもあるため使える。特にダッシュ掴みはなかなか掴みやすい。しかしやっぱり隙がでかすぎるので確実に掴みたいところ。間違いなくヨッシーが弱い(強くない)と言われてる一番の所以がこれと投げの存在。確かにリスクリターンが釣り合っておらず他キャラと比べるとどうしても見劣りしてしまう。しかしどこかで通さないとヨッシー自身も進展なくなってしまうと思うので勇気を持って掴みにいく気持ちも必要。ヨッシーを使う上で課題となりやすい点の一つ。余談だがヨッシーの掴みは必ず相手が浮いた状態になるので掴み攻撃中に掴み抜けになると目の前に、何もせずに抜けるとジャンプ抜けになる。あと他のキャラだと坂道の上や壁の端にいる相手を掴むと強制的に掴み抜けになる現象も口に頬張ってしまうヨッシーならそれらが起こらないなど、他キャラと密かに違うところは多い。掴み攻撃 つかみかみかみ 2%頬張ったまま噛む。恐ろしい見た目に反してダメージは低め。その分連射が効く。最速で連射するとOPがかからずにダメージを与えられるが、反面他の技のOPは回復しない。前投げ まえはきだし 7% C普通の前投げ………と思われがちだが、地味に他の投げ3種と比べこの投げだけ全体Fが短い。(他は全て同じ)全体Fの短さを生かして投げてから空前で追撃にいくのもあり。ダメージによっては回避との二択になるので場外ならバーストのチャンスも生まれる。ダッシュ掴みから即投げることで前慣性が乗るのでこれにより更に追撃がしやすくなる。地味にただ投げる以外に使い所があるかもしれない投げ。後ろ投げ うしろはきだし 7% D前投げと比べ、こちらは投げの硬直が長く、特に追撃はできない。バースト力もなく、場外に出したい時以外ほぼ使い道は無し。上投げ うえはきだし 5% E上に浮かせられるが、追撃ができずダメージが1%高いこと以外ほぼ下投げの下位互換でしかない。チームでのパスの他、面白い使い方としては戦場の中心台の真下から上に吐き出すことにより相手をダウンさせるという使い方もある。しかし%が限られている上にそんなことするぐらいなら全ての%で安定して使いやすい下投げでいいじゃんってなってしまう。………よってほぼ使う必要はないと思われる。(でもたまに使ってやりたくなる)下投げ したはきだし 4% B地面に吐き出す。これが見た目一番痛そうだけどダメージ低すぎ。相手を低く浮かせられるので追撃が可能。しかしベク変を外にされると確定or二択追撃が不可能になるので掴んだら即下投げすることで相手にベク変をさせないようにするのがベスト。ダッシュ掴みから即投げすることによって前慣性も乗って追撃が決まりやすくなります。よく噛んでから下投げするヨッシーを見るけどベク変の余裕与えちゃってるんで僕個人的にはちょっともったいないな~って思ってます。下投げするならすぐ吐いちゃいましょう。ベク変ミスが前提ではあるものの、落下速度が遅い、体重がかなり重いキャラでなければだいたい空上追撃が可。(体重依存なのでクッパやドンキーなんかはジャンプ抜け安定。何も入らない)低%のうちの下投げ空上は確定なので安定で16%稼ぐべし。ダメージ溜まると読み合いになるので中%なら回避読みで空下狙って大火力狙うのも有効な手。高%では二択バーストも狙える。クラウドやベヨネッタのような不利な相手にもこれは有効なので勝つためにもどんどん掴み通して読み勝っていきたいところ。ヨッシーは投げコンも投げバも無いとよく言われてるが、この投げを上手く使えば決してそんなことはないので上手く使ってヨッシーを舐めている相手を見返してやりましょう。(それでも他のキャラと比べると見劣りしてしまうが………)NB たまご産み 7% 発生21F B舌を伸ばして相手を飲み込み卵にして産む。空中掴みという認識が強いしその認識で間違いない。空ダを使うことでヨッシーの速い空中横移動と合わせてトリッキーな動きができる。しかし発生が遅いため、反応が早い人だと見てから回避される可能性も高い。後隙も掴みほどではないもののまずまずあるので多用はしない方がいい。(多用するヨッシー使いも多いけれど僕はたまに使う程度でそこまで過信はしていません)卵にされた相手は空中横移動以外の操作が不能になり、レバガチャで早く脱出できる。ここまでは前作と同じだが、ここから今作から変更された点が多い。閉じ込められる時間は一定ではなく、掴みと同じくダメージが高いほど長くなる。そのため前作まで役に立ちにくかった崖産み落としテクニックが今作では有効になっている。また、卵にされた相手に攻撃したときのダメージが半分から約2/3程になった。昔はバグが多かったが現在はほぼ修正されている(はず)。もともと発生は遅いはずなのに実は最初の方のアプデで更に発生を遅くされている。最初はヨッシーが強キャラと言われていたからだと思うが………。ちなみに卵から出た直後の相手は空中に浮きながら出てくるが、出てきた瞬間は無敵な上に無敵のまま技も出せる。横B ごろごろたまご 4~9% Eたまごに入ってコロコロ転がって体当たり。速度が上がるほどダメージが高くなる。卵に入っているにも関わらず判定はめちゃくちゃ弱い。マリオの空N持続で簡単に潰される。乱闘では荒らすのに使えるけどタイマンだとそう簡単に当たってくれない………と思いきや今作から方向転換の速度が上がっていたり突進中にジャンプできたりするおかげで案外ごまかしながら攻撃を当てられることも多い。だからといって狙って使うような技では当然なく。暴発で出ることが多い。ヨッシー使いもないほうがマシと言う程のゴミ技。悲しい。方向転換の速度上昇以外にしりもち落下にならなくなったり、スティックを離していると崖から降りなくなるなど前作と比較すると優遇されている部分もあるが、やっぱり微妙。というか最大威力に関してはXの方が上でこちらは唐突なバーストにも使えたので考えようによっては弱体化しているとも捉えられる。スマブラではシリーズ通してゴミ技でありながらマリオテニスでは逆輸入されており、GCではスペシャルショットで使ってヨッシーの色が変化したり最新作のエースでもテクニカルショットでこの技を披露してくれる。上B たまご投げ 1%+5% A放物線上にたまごを投げる。ボタンの長押しとスティックの角度で投げる距離と角度を自在に変化可能。上手く使えば死角なし。空中で使うとヨッシーがホップするが、空中で連続使用するたびにジャンプ力が下がる。(崖掴まりでは回復しないので注意が必要)今作より空中で使用した際、たまご投げの動作中でも空中慣性を自由に変えられるようになった。ヨッシーを使う上で特に技量を試される技。この技自体は発生が遅く後隙も長いため、近距離でガードされると確実に反撃される。なので基本は遠くから投げること。発生の遅さから簡単に当たってくれる訳でもないので直接当てるというよりは相手を動かすための飛び道具と言える。ディレイをかけてから卵を当てることによりたまご投げから空中攻撃で追撃可能。ダメージ高ければ確定バースト可。上手く扱えたら君もヨッシー使いだ!(多分)下B ヒップドロップ 4→15%(地上)12%(空中)4%(着地時の星)発生 地上7F 空中20F B地上は斜め上に移動してからヒップドロップ。空中はそのまま落下する。地上の方が威力が高い。地上版は中々発生が速く、吹っ飛ばしも上スマ並にあるので撃墜択の一つに。隙はかなり大きいものの、飛び上がり、ヒップ、星の全部がヒットするとシールドを一撃で破壊できる。なのでガード張りっぱなしの相手にも有効。(しかし飛び上がりから急降下の間に時間があるので反応されると回避されて痛い目見る。一か八か狙うのはありだがよく考えて)空中版は露骨にヨッシーの着地を狙いそうなところに空中ジャンプで上がってから繰り出すと結構当てやすい。かなり高いところからやっても見てからガード余裕なのでそういう場所では基本使わないこと。この技で崖に掴まることも可能だが、背を向けていると崖を掴んでくれない。また、スティックを下に入力したままだと掴まないので注意。一応落下する前の宙返りは崖への吸い付きがかなり広い………が個人的にやろうとして失敗することが多いので僕はあまり信用していません。ちなみに吹っ飛ばしはそこまで強くはない。地上版と空中版どちらとも使う場面を考えないと痛い目見るのでここぞという場面で使うこと。地上版は僕も昔はよくお願いぶっぱすることが多かったんですけど最近は使用頻度自体減りました。やっぱり過信はダメですね技解説は以上です!最後に、ついに新作スマブラが発表されましたね。マリオとルイージにはここという見所が見受けられなかったのですが、ヨッシーは掴み中に口抑えながら頬張ってるのが可愛かったですね笑 しかしそれよりもドクマリの空下がインパクト強すぎて時々思い出し笑いしてしまいますw あれはインチキでしょ!!このゲームもあと半年なので新作に期待しつつこのゲームも最後まで楽しんでやりましょう!僕は次回作でもマリルイヨッシーの3キャラを使い続けるつもりです。(マリオの下位互換でなければドクマリも使いたい……)この頃には光回線も繋がってると思うのでオフにあまりいけなくてもまたオンで存分に活躍してみせたいと思います。もちろんオフも行けたら積極的に行きたい。そしてマリオルイージヨッシーを活躍させてやりたいです。forは特に日本ではあんまり活躍できなかったし………。(ヨッシーに関しては海外もだけど………)マリオ投げコンがないとかよく言われてるけど別に投げコンに惹かれてマリオもルイージも使ってた訳じゃないのでやっぱりメインは変わらないですね笑ZeRoがマリオ使って優勝してたはずなので新作のマリオも強いと信じたい………ではここまでで、改めて長々と失礼しました!

ルイージの技解説、評価(0)

マリオに引き続き書きました。暇があればご覧ください。弱 3%→2%→5%(計10%) S発生2F。出が速い上に全体的に技のリーチが短いルイージの技の中では長めな方に入るため使いやすい。最終段のどんけつはルイージの地上技最長のリーチ。(見た目より先に真空判定あり)ダメージも10%と高め。出し切るだけでもかなり強いが、1、2段目で止めるてから掴みや横スマ、下スマなどを狙うのも有効。かなり高性能な弱。横強 8% D発生5F。咄嗟に出せる技の中ではリーチは長い方だがそれでもやや物足りなく、おまけに後隙がやや大きめ。リターンも少なめなのであえて使う理由があまりない。反対にいる相手に対してもこれを使うより反転弱の方がいいぐらいだろう。基本封印安定上強 6% B発生5F。後ろから前にかけて頭上を攻撃する。相手を低く浮かせられるのでお手玉にしやすい。特にガノンやCFのようなコンボ耐性がないキャラに対してはマリオの上強のように何発も入る。高く飛んでしまった相手には空上などで追撃可能。有用性はあると思うが個人的には使う場面が少ない技。前作のリンクの上強より強い吹っ飛ばしを返して。下強 8% E発生5F。マリオの下強と同じく前作からかなり後隙が減った。…………がはっきりいって使い所が無さすぎる悲しい技である。リーチが悲しい程に短いし、当てても横に吹っ飛ばすせいで特に何の展開も起こせない。使い道があるとすれば咄嗟に崖掴まりに当てるぐらいだが、お茶濁し程度にしかならない。まだアプデ前の上に浮かすベクトルの方が使い道がありました。ルイージ屈指のゴミ技。横スマ 15% B発生12F。前作からかなり吹っ飛びが弱くなった。横スマとしては吹っ飛ばしは並。ホカホカ無しで110%前後がバーストライン。シフト変更によってベクトルが大きく変わりやすいのが特徴。通常はやや上寄りに吹き飛ばすが、下シフトにすると他のキャラの横スマと同じようなベクトルになるのでステージ端に近い相手に対してはバーストしやすくなる。上シフトにすると上スマ並のベクトルになるが、リーチも短くなるので使い所はやや微妙。リーチが短く引き動作も無いので上手く当てるのは難しい。後隙は少なめなのでシールドを張った相手に解除読みで撃ったりするのも有り。上スマ 14% 前方密着12% Sマリオの上スマとほぼ同じようなスマッシュ。発生9F、全体Fもマリオのものと全く同じである。使用感はマリオとほぼ変わらないのでマリオとのわずかな違いを書いていきます。ルイージの上スマは前方の範囲が広いが、前方密着(顔辺り?)でヒットするとカス当たりになりダメージも吹っ飛ばしもダウンしてしまう。やはり反転上スマで出すのが基本。ちなみにこの技は繰り出す度にルイージがわずかに前進する。ベクトルが斜め寄りになっている(吹っ飛び自体はマリオより強い)ため、ベク変によって相手が生き残ることが起こりやすい。逆にベク変ミスによって早期バーストすることも多いので一長一短といったところか。下スマ 14% 中心15% A発生6F。実はマリオの下スマよりわずかに隙が少ない。ベクトルは前後共ルイージの斜め後ろ。隙が意外と少なくダメージも申し分ない。前後共ダメージは変わらないが後ろの方が遥かに吹っ飛ばしが強い。(なんと上スマ以上に飛ぶ)とはいえ前方もそこそこ強く、130%もあれば十分撃墜が見込める。発生も速いので困った時には頼りになる。マリオ同様これも使うルイージ使いが少なめな印象。立ちキャンを駆使してシールドを張った相手に二段とも当てることができ、これでシールドブレイクも狙えなくはないのだが、まだ僕は立ちキャンが安定しておらずいつも変なところでDAが暴発するのでDAが出ていたら察してください。個人的にはかなり使える技。中心でヒットすると何故かダメージが増えるがほぼ気にする必要無し。DA 1×6+2(計8%)D発生4F。特に64からやっている人はスマブラルイージといえばこれという印象を受ける人も少なくないはず。当てた時のリターンよりも外した時のリスクの方があまりにもでかすぎるため、暴発以外で出すことは基本ない。相手のダウン確認からDA当てるぐらいしか狙って出すことはありません僕は。初代から相変わらずのゴミ技…………と見せかけて前作までと異なり、一度技が当たってくれれば抜けることがほとんど起こらなくなったため当たれば安心感は与えてくれるように。更にこの技は地味に発生4F、フォックスに並んでDA最速の発生を誇るのである。(まあだからどうしたって感じなんですけどね……)個人的には下強よりはまだマシじゃないかと考えてるので評価はEまではいかないかなと思っています。空N 出はじめ12% 終わり際6% S発生3F。非常に発生が速く暴れや差し返しにかなり使いやすい。ダメージも12%と高い。ベクトルが真上なのが特徴で着地しながらヒットさせることでルイージの高いジャンプ力を活かして追撃を決めやすい。カス当てでも相手を低く浮かせられるため展開が非常に良く、高%ならサイクロンに繋げてバーストも狙える。前作から大幅に吹っ飛ばしが弱くなっており、バーストには150%程は必要。だがそれでも相変わらずの強技である。空前 8% A発生7F。全体Fが非常に短いのが特徴でSJから二回出しても着地隙が生じない。リーチは短いが判定は意外と強め。隙が少ないのと吹っ飛びが弱いおかげで空中にいる低%の相手にヒットすると他の空中攻撃がだいたい繋がる。下投げコンボの基本最初の一手。立ち回りにおいても近距離の牽制などに使えるが、着地隙はやや大きいので基本は空中で出し切ること。空後 クリーンヒット14% カス当て8% A発生6F。発生、リーチ、着地隙の少なさに優れる。空中での全体Fは長いので連射はできない。クリーンヒットは出はじめかつ足の先端であり、出はじめでも根本でヒットするとカス当たりになってしまう。終わり際は当たり位置関係無くカス当て。(ちなみに出はじめカス当てがヒットしてもSEはクリーンヒットの時と変わらない)しっかり当てると高いダメージと中々の吹っ飛ばしを誇る。崖端なら110~120%程でバースト可能。ルイージの優秀なバースト択の一つ。空前とは相対的な関係なので上手く使い分けられるとgoo。空上 出はじめ11% 終わり際7% B発生5F。主に上方向への相手への追撃として使う。優秀な暴れを持たない相手にはダメージによっては下投げ空上から空Nに繋いで火力が取りやすくなる。高%の相手に対して相手が内ベク変をした場合、サイクロンが確定してバーストできることがある。逆に内ベク変さえしなければ確定しないのでルイージを相手にするときは注意しておくこと。ジャンプしながらカス当てがヒットすると空後が繋がりやすい。基本単発で使う技だが地上の相手にカス当てから上Bが確定するネタもあったりする。弱くもなく強くもない普通な性能。空下 通常8% メテオ10% B発生10F。やや出が遅く、着地隙は空前と同じぐらいだが、全体Fは短め。リーチが短いので対地には使いにくい。SJからの択の一つとして無くは無いが、空前空後の方が優秀なので使うことは少なめ。普通に使っても強みが少ない技だが、密着した状態で空中にいる相手に当てると大きなヒットストップが生じると同時に軽いメテオが発生する。普通にメテオを当てにいく分には結構当てづらい部類に入るが、下投げコンボの繋ぎにこれを使うと予想外の高火力を取れる可能性がある(最悪上Bに繋がって早期バーストの可能性アリ)のでコンボに組み込むと結構面白い。ちなみにメテオ判定は空中の相手にしか効果が出ないが、ガードされると相手が地上にいても長いヒットストップが発生する。隙を突かれやすいので注意。掴み6F ダッシュ8F 振り向き9F (評価:ダッシュ掴みのみS、他A)マリオとはモーションが異なる。掴みの性能は良好だが、ルイージはガードのノックバックが大きいため、ガーキャン掴みが他のキャラよりやりづらい点に注意。どの掴みも優秀だが、中でもダッシュ掴みはルイージが大きく踏み込みながら腕を伸ばして掴む為リーチが長く非常に使いやすい。投げの性能も優秀なので隙あらば掴みにいくべし。掴み攻撃 3%一発が重い分連射が遅め。抜けられないうちに投げるように。余談だが掴み攻撃中のルイージの顔が痛いのを我慢しているのがよく伝わる。前投げ 8% D前に投げたい時やバースト用の後ろ投げや上投げにOPをかけたくない時に使うぐらいで他の何かの目的で使うことはほぼ無し。動作が短いので乱戦では使いやすい。後ろ投げ 10% ぶんまわしの打撃6% Bマリオのものとほぼ同じ性能。崖を背負って130%程でバースト可能。ホカホカの影響やや受けやすい。マリオと大きく違うのが打撃部分でこちらは吹っ飛ばしがかなり弱め。百人組み手のザコ相手でもバースト不可。上投げ 8% C180%程の相手に対して撃墜が狙える。後ろ投げ同様ホカホカの影響もそこそこ受けやすい。掴んだ位置によっては後ろ投げよりこれの方がバーストしやすいので困った時のバースト手段の一つに。一応低%のうちはこの投げから確定コンボがあるが、下投げの方が基本優秀かつお手軽なので基本はバースト専用の投げ。下投げ 6% S前作から技名も見た目も全く変化した唯一の技。おしりで踏み潰すコミカルな見た目とは裏腹に超優秀。相手を程よく浮かせることができ、この投げからルイージの強力な空中攻撃を1、2発入れられるため一気に火力を取れる。自分のホカホカ具合にもよるが、下投げサイクロンによる早期バーストも不可能ではないのでチャンスあらば狙っていくべし。今でもかなり優秀なのにアプデ前は150%近くまでほぼ全てのキャラに下投げサイクロンが確定していたという悪魔のような投げ技だった。ケツつよNB 6% 時間が経つと5% A後隙が少なめでそこそこ連射が可能な直線型の飛び道具。空中から攻めるのが苦手なキャラはこれを連射されているだけでも中々攻めるのが難しい。(ルイージ自身がその通りな為ミラーでどうしても勝ちにいくならFBガンm)ry)強い飛び道具なのは間違いないが、頼りすぎるとさすがに隙を狩られたりされるので多用は禁物。あくまで主観ですが、個人的に上位に上がれないようなルイージ使いはみんなわかりやすいFBの撃ち方が多いと思うのであえてFBを使わず近距離戦を極めていくのもルイージで強くなれる方法の一つかなと思います。横B 6%~21% 暴発25% C今作から最大まで溜めてしばらく経つとルイージが息切れして技が中断されるように。復帰に使えるが、軌道がわかりやすい上に隙が大きく、理解されている相手には簡単に隙を突かれてしまうので基本は使わずに復帰すること。立ち回りにおいても隙が大きすぎるので基本は使わない方がいい。乱闘ならありかも。1/10の確率で暴発することがあり、溜め量に関係なくかなりの距離を飛ぶことがある。復帰の際、「これもう復帰不能だぁ~」…という場面でもロケット暴発にかければまだ復帰の猶予ができるかもしれないので最後まで諦めないように。暴発は地上上Bクリーンヒットよりも遥かに吹っ飛ばしが強く、一発逆転を狙いやすい。ハイリスクだが、相手の不意を突いてどこかで溜め無しロケットを撃ったりするのは一つの手。上B 地上25% 空中20% カス当て1% B発生は地上8F、空中6F。密着して当てればファイアジャンプパンチ(FJP)となり、ダメージ吹っ飛ばし共に強烈となる。しりもち落下の後隙がかなり大きくハイリスクハイリターン。かなり密着しなければならないので当てるのは難しい。DAなど相手の甘えをしっかりジャスガできれば反確上Bで早期バーストできるのはルイージの強みなのでここぞいう場面でしっかり使えるよう精度を高めておくといい。なお空中版はそこまで強くはない。弱くもないけど。ちなみにカス当ては役に立たないように見せかけて主に復帰力が低いキャラの復帰中にヒットすると割と致命的なことになることが多い。下B 1.5×4→3(計9%)A発生10F。地上と空中で巻き込み方が異なり、またSEも変化する。多段ヒットなので割とごまかしが利きやすいが、隙が大きいので多用は禁物。空中版巻き込みをわざと抜けさせて相手を場外に落とすサイクロンメテオは今ではもはや有名。ホカホカの影響めちゃくちゃ受けるのでホカホカサイクロンによる早期バーストも狙うべし。主に海外ルイージ使いのせいでルイージ使いが増えない原因の大半となっているのがおそらくこの技の存在だと思われる。ジャンプ無しサイクロンは自分もできないが、ぶっちゃけ無くてもプレイヤー自身がカバーできればどうにでもなる要素で必須では無いと思うのでルイージを使わない理由がこれなら気にせず使ってみてはどうでしょうか!この技自体の性能はかなり優秀なものだと思われる。ああXのように上昇してくれれば……下アピール 2% Eシリーズお馴染み攻撃判定付きのアピール。メテオ効果あり。発生45F。崖掴まりの相手に当てれればロマンだが、わざわざこんな遅すぎる技(アピール)するぐらいなら横スマ下シフトでもした方がマシです。でも崖の1Fに当てられなくもない(?)のでキャラによってはちょっと狙って見るのもありかも。最後に今作のルイージは崖登り攻撃とうつぶせ起き上がり攻撃のモーションも変化しています。(前作まではマリオと同モーション)最近このキャラ高評価されつつあるので自分もネガってばかりいないでもっと頑張りたいですね

マリオの技解説、評価(0)

暇つぶしに書きました。評価段階:S~E技のダメージ書いてますが、小数点までわざわざ全て覚えていないのでトレモで表示されるダメージが書かれていると認識しておいてください弱 2%→1%-4%(合計は8%) A発生2Fとめちゃくちゃ早く、密着状態でとりあえずA連打しておくのもそこそこ強い。ただリーチが短く、3段目は後隙が大きめなので何も考えずに最後まで出し切るのは危険。二段目で止めて別の行動に起こしたりすると意外と強い。優秀。1段目と2段目はダウン連に対応。ただし腕の根本のみなので先端で当てて相手を起こしてしまわないように。横強 7% C発生は5Fと速めで隙も大きい訳ではないが、リーチの短さとリターンの少なさがそれを台なしにしている技。短いといっても横スマよりリーチがあり、マリオの地上技では最長クラスのリーチを誇る……が、あえてこの技を使う理由はあまりないだろう。咄嗟の反撃に使ったりするぐらい。上強 5% A発生5F。コンボ耐性が低いキャラに対してはこの技が面白いほどバンバン入るお手玉技。CFなどには一気に50%近くの火力を稼ぐこともできる。ただし20%程ダメージを貯めておかないとシールドが間に合いやすいので注意。逆にこの技を喰らった側はずらしやジャンプを駆使して上手く脱出を試みること。上強が繋がらなくなれば今度は空上に繋げやすく、コンボパーツとして非常に優秀。余談だが、このゲームの初期バージョンから唯一、マリオの技でダメージが変化した技。(初期は6%)下強 先端5% 根本7% B発生5F。前作から大幅に後隙が減った技。そのおかげで相手を浮かせてからの追撃がしやすくなった。横へのリーチが長い上強といった感覚。もっと使い所が多そうな技だが自分はあまり使わない方なので他のマリオ使いに開拓してもらいたい。(思考放棄)横スマ 炎17% 手14% B発生15F。やや遅くリーチも短めなので当てるのは難しいが、技を出す直前にマリオが一瞬身を引く動作があるため、甘い相手の差し込みに対してこの技で迎え撃てば案外刺さりやすい。先端の炎でヒットすればステージ中央でも100%前後でバーストが見込めるぐらいに吹っ飛ばしは強烈。手でも申し分無い程にはある。後隙はやや少なめなので時には思いきってぶっ放すのも有効。ちなみにシフトは中→下→上の順に威力が高くなる。下シフトはタイミングが合えばロゼッタやルカリオの復帰に上手く刺すことも可能。上スマ 14% S発生9F。発生の速さと後隙の少なさ、判定の強さがどれも優秀。隙の少ないバースト技ということでマリオの主なバースト手段はこれ。気軽に狙いやすいが、それ故に相手にも警戒されやすく、マリオ使いはバースト局面でこの技をどう当てていくかが主に課題となるだろう。吹っ飛ばしは並でホカホカ無しで115%前後が狙い目。後方から技が出る上に前方の範囲は見た目以上にスカスカなのでダッシュ反転上スマは習得しておこう。ニイハオ!下スマ 前10% 後12% B発生5F。強攻撃と同等の発生を誇るスマッシュ。ダメージも吹っ飛ばしも控えめだが、発生の速さを活かした反確手段として、撃墜の困った時の撃墜手段などに使える。ベクトルが低めなので復帰阻止の際に有利な展開にも持って行きやすい。後ろの方が強いが、出が遅いのでおまけ程度に考えておこう。個人的に評価高めだが、使用するマリオ使いは少なめ(なイメージ)なのでもっと使っていってほしい。DA 出はじめ8% 終わり際6% B発生6F。固定吹っ飛ばしがかなり強め。出はじめは普通な性能だが、終わり際は当てた相手に対して空中攻撃で追撃できることがある。この技は下方向への攻撃範囲が広いため、相手の崖掴まりに対して当てやすいのが特徴。加えて終わり際はマリオの後ろ側へのベクトルのため、崖掴まりに当てることで崖メテオになることも多い。(たまに出はじめでもなるが)リーチは短いが判定は意外と強いので差し込みにもそれなりに使いやすい。空N 出はじめ8% 終わり際5% A発生3Fと非常に速い空中攻撃。暴れに使えるのはもちろん、ガードからの反撃などにも使いやすい。また、20%程溜まった相手からは倒れ吹っ飛びになるが、これを利用してSJからこの技を当てていってダウンを取ることもできる。(落下が速いキャラほど受け身のタイミングが難しくなるため決めやすい)110%程溜まった相手なら終わり際当てから低く倒れ吹っ飛びになるため、受け身ミス確認から上スマ、また相手のベク変によってはそのまま上スマが確定してバースト可能なため相手のミスを願って狙う価値はあり。とても優秀。空前 出はじめ12% メテオ14% 終わり際10% B発生16F。マリオ唯一のメテオスマッシュ。出が遅い上に全体F、着地隙も大きくマリオの技の中でも一際扱いが難しい。SJから最速で出しても着地隙が出てしまうため立ち回りにおいては基本封印安定。メテオを狙うのに使いたいが、出が遅いので当てるには一工夫必要となる。下投げから狙う他、マリオはマントやポンプなど復帰阻止に使える技が豊富なのでそれらを相手に意識させながらメテオを狙うと上手く当てられるかもしれない。空後の暴発でよく出てしまいがちな技。空後 出はじめ10% 終わり際7% S発生6F。発生リーチ隙の無さほぼ全てを兼ね備えたマリオの主力技。マリオの立ち回りの基本中の基本。いつでも出せるようダッシュ反転空後を覚えておくと便利、というか覚えてないときつい。ホカホカ空下を除けばマリオの空中攻撃で一番吹っ飛ばしは強いが、それでも全体で見ればかなり弱め。(崖端で130%程でバースト)立ち回りの主力だけでなくコンボパーツとしても使いやすい。超優秀。空上 7% S発生4F。通称エアスラ。リーチは短いが、発生後隙範囲がどれも優秀で使いやすい。単発威力は低いが、コンボがしやすいので手数で補うことが可能。上空の相手にヒットすれば140%程でバーストも狙える。空後と双璧を成すマリオの超優秀技の一つ。空下 1×5+5(計10%) 着地攻撃2% S発生5F。DXまでのマリオの下Bとしてある意味有名……なはず。大振りそうな見かけに反して隙が少なく、SJ最速で出すと着地前に空Nが間に合にあう。低%の相手に対しては当ててから更に空中攻撃で追い撃ちが可能。この技はホカホカの影響をかなり受けやすく、通常は空上とほぼ同等の吹っ飛ばししかないが、ホカホカMAXの場合、ホカホカ無しヨッシーの空上よりわずかに強い吹っ飛ばしを誇る。上空で当てれればわずか60~70%でバーストできてしまうことも珍しくない。注意しておきたいのが巻き込み部分と最終段の間に発生が速い(おそらく3Fまで)の技や回避が間に合うこと。回避に関しては逆に回避読みで着地したところを掴みにいったりすることができるが、暴れが間に合う相手には逆に自分より大きなリターンを取られることにもなりかねないので相手に合わせて対応していきたい。(ちなみにホカホカが溜まれば割り込みも不可能になる)着地攻撃は相手をのけ反らせるだけでなく、相手の方に向かいながら当てることで上スマや下スマ、掴みといった技が確定で繋がるため、相手の意識外から狙っていくのもあり。ホカホカが溜まることで困った時の撃墜手段としても使いやすく、前作から一変して非常に優秀な技となった。掴み6F ダッシュ8F 振り向き9F 総評A投げが強力なので掴みは積極的に狙っていくべし。前作は出が遅くて使いにくかったダッシュ掴みも今作は普通に使えるようになった。掴み攻撃 3%ボタン入力からダメージを与えるのが他のキャラより遅い。連射が利かないので抜けられないうちに投げてしまうように。前投げ 8% D崖外に出す以外に使うことは基本ないが、ある%からは前投げから空後が繋がる。また、投げの動作が非常に短いため、相手の意識外の追撃を見込める可能性があるかもしれない。動作の短さからチームでも使いやすい。後ろ投げ 11% ぶんまわしの打撃8% B崖端で崖を背負って掴めば130%程でバーストが見込める。ホカホカの影響をそこそこ受けやすい。投げ動作が長いが、ぶんまわしている相手に攻撃判定が発生し、当たった相手を吹っ飛ばせるため、乱戦でも強い……ように思えるが、この判定は一人につき一回しか発生しないのでリンクの回転斬りのように一度ガードされると隙だらけとなってしまう。チームで使う場合は注意。逆に相手にマリオがいるときにこれを覚えておくと相方の救出も可能なので覚えておこう。上投げ 7% D下投げだとロクなコンボが繋がらない0~20%辺りの相手を掴んだ場合、この投げの方が優秀なコンボに繋げやすい。逆にいえばそれぐらいしか使用用途は無し。下投げ 5% A相手を掴めたら基本はこれ。コンボ始動として非常に優秀。崖端で掴めれば空前メテオでバーストも狙える。NB 5% 時間が経つと4% B相手と距離があるときにとりあえず撃つ。ただ後隙が大きいのでやみくもに撃っても隙を狩られてしまうので注意。大Jから撃つのが基本で相手がFBをガードしてくれるならそのまま向かって空Nや空下で差し込みやすい。横B 7% B発生12F。飛び道具の反射が可能。存在だけで飛び道具が強力な相手にプレッシャーを与えられる。直接当てると向き反転+一瞬だけ相手の操作が反転する。復帰阻止能力はかなり高め。それ以外に空中で使用するとマリオの身体が少し浮くので着地のタイミングをずらすのにも使える。上B 5+1×5+2(計12%) B発生3F。更に出はじめは一瞬無敵になる。復帰が主な使用用途だが、多段技に対しての割り込みにも使えたり、外すとリスクは高いがガーキャンからの行動としても強い。また、出はじめと最終段以外はホカホカの影響を受けやすく、すっぽ抜けることで上空で60%程でバーストできてしまうこともあり。困った時は下投げ上Bでバーストを狙うことも。使用局面は意外と多い技。下B (ダメージ無し) A前作より押し出し効果が強くなった。主に相手の復帰の妨害に使えるが、それ以外にも相手の着地のタイミングをずらさせたりといったことも可能。しりもち落下になる技に対してポンプを当てると相手はほぼ復帰できなくなる。キャラによって有効かそうでないかはまちまちなので相手次第では常に貯めておいた方がよい時もある。以上!拙い長文になりましたが最後まで読んでくれた方ありがとうございました

スマバト20 オフレポ(0)

超久しぶりに書こうと思います。(スマバトの結果を見たい方は途中まで飛ばしてください)前日はオカマ宅(きぃくまー宅)に泊まらせていただきました。きぃさんくまーさんありがとうございます。着いてからしばらくスマブラフリーをしたあとマリオパーティ6で遊ぶことに。メンバーきぃ ヨッシー僕 マリオタケ ルイージくまー→HIKARU ピーチ(途中で代わりました)マリオ(僕)のスターが圧倒的だったのでみんなミラクルで逆転しか狙わなくなり、そんなしょーもないこと起こらせないぞ!と思いつつもヒヤヒヤしながらだったが、結局何も起こらなかったので余裕の一位でしたbラストターンでタケさんの全財産(11コイン)を賭けた試合のおかげでピーチとヨッシーの順位が決まった(1コイン差)のはとても面白かった。マリパオフサイコーその後みんなでラーメンを食べに行き3時半ぐらいまでDIOさんドライザさんとフリーをしてから就寝。(ここからスマバト)朝はドライザカーに乗せてもらい会場へ。ドライザさんありがとうございました。会場に着いていろんな人と挨拶したりフリーをしつつ予選へ予選 ()内は使用キャラタケ ピカチュウ(マリオ)2ー1オンでも何度か対戦したことのある強いピカチュウ使いなので油断せずに挑む。展開はこちら若干有利維持しつつ進んでいったが向こうも負けじと追いついてくる。掴んで二度打撃を入れると130%程溜まってるにも関わらず抜けてくるという異常なレバガチャをしてきたが、最後は逆にそのせい(?)でこちらの横スマ暴発が偶然にもヒットしてバーストして勝ち。勝ったのに「掴み攻撃二回は甘え」と言われてしまいました。反省余談ですが、予選が発表された時、自分な名前が無くて予選が作り直されたのですが、その時タケさんが「ここでロンさんが俺のところにきたらちょっと面白い」とフラグを立てて見事に回収してきたのがちょっと面白かった。あと今回は宅オフ一緒なのもあって仲良くなれたのも嬉しかった。次はマリパ3で勝負だハレ! クラウド(マリオ)2ー0浮かせたあとにしっかり火力を取り、復帰にポンプを合わせたりしてニタテ勝利あい ピカチュウ(マリオ)2ー1ピカチュウ使い二人目。(先に戦ったのはこちら)相手の強気な復帰阻止の空前に当たってしまい1スト取られるも、そのままこちらの流れで上スマ当てて勝ち。ジオ クッパ(ヨッシー)2ー1掴みよりも立ち回りが上手なクッパでDA、横強などの技を的確に当ててきて手強かった。地味に予選で一番苦戦した相手で相手130%こちら90%程の接戦だった。最後は崖離し横Bを透かしたところに弱上スマ当てて勝ち。戦場だったのでもし掴まれて台上でプレスされてたら危なかったかも……ヨッシーの出番はここが最初で最後。クッパには出す予定でいるけれどもっと圧倒できるように仕上げておきたいところうれぴーく シーク(マリオ)2ー0特に何も起こさせずニタテして勝ちマスタ~ マリオ(ルイージ)マリオミラーよりはルイージ当てた方が自信あるのでルイージで。こちらのやりたいことを通していってニタテで勝利。マリオ使いとは聞いていたが、他の人に対してはゲムヲなどいろいろなキャラを使ってたのが意外だった結果は全勝で一位通過。昼間は??さんやいろいろな人とフリーをして本戦への準備が整ったので自信を持ちつつ本戦へ。1回戦シードなので無し2回戦DIO リュウ(マリオ)○○最初の相手はDIOさんかマック使いの方のどちらかでDIOさんは僕にはヨッシーは使わないようなのでどちらにしろ壊しキャラが来るということで初っ端から油断ができなかった。来たのはDIOさんリュウ。1戦目は150%程まで溜められてしまうも、今まで見せていなかった上スマを無理矢理通して先行。その後取り替えされるものの再度上スマでバースト。2戦目は上空で空下を当てた時にリュウが昇竜割り込みをしてきたが、幸いマリオとは逆を向いて昇竜をかわしつつ着地に上スマ当てて先行。最後はおそらくセビ潰しの空下警戒の空N突撃してきたところを上スマで迎え撃って勝利。マリオらしく全ストック上スマでバーストできたので良し。正直なところ、きぃ宅でDIOさんとフリーしていたのが活きてきた試合だったなと思ってます3回戦ぎんこ パックマン(マリオ)○○配信。ぎんこさんはいろんなキャラを使うけれど確かマリオにはパックマンと言っていたはず。マリオを選ぶと普通にパックマンが出てきた。1戦目、先行したあと200%以上バースト拒否できたものの、ぎんこさんの追い上げもすごかったので結果接戦。最後は回避しない読み空後でバースト。2戦目はりんごが当たらないだろうと思ってたら消火詮に当たりつつマリオに当たるという思わぬバーストをされてしまった。知らなかったので今回知れて良かったです。最後は上B着地に冷静に上スマ当てて勝利4回戦あるくぅ ファルコ(マリオ、ルイージ)○×○ほにやさんが配信していたので見てた人は見てたと思いますが、めちゃくちゃ危ない試合でした。2戦目マリオで負けてしまったので3戦目ルイージ出しましたが、状況としてはむしろマリオの方が良かったかも……。120%ぐらいで空後を当てられた時は死んだかと思いましたが、ぎりぎり生きる。その後もその場上がりに空後を置いてきてぎりぎりジャスガできたり危ない場面が多すぎた。最後は相手がDA透かしたところに空後当てて勝ったけれどマジでギリギリでした。ファルコは勝てないというイメージは無いけれど知らないキャラではあるのでもっと知る必要がありそうです。もちろんあるくぅさんも強かったです5回戦ランペル マリオ(ルイージ)○○オフ会場でいつも挨拶を交わすマリオ使い。今回はかなり調子良さそうでした。やはりミラーは避けたいのでキャラはルイージで。1戦目はマリオ側のやりたいことを通さずこちらの行動を通していって勝ち。2戦目は相手1スト目復帰時に崖に掴まらずに着地するというミスを犯してくれたおかげで昇竜で早期バースト。これでランペルさんのメンタルも崩れてしまったのか2スト目も同じバーストの仕方でした。相手に申し訳なくなりそうだったけれど大会なので許してください6回戦古森霧 ロイ(マリオ×2、ルイージ×3)××○○○古森霧さんが出ている大会に出ると毎回当たっている気がする。今回はロイ固定ということで僕自信ロイはなんで弱いと言われてるかわからないキャラだと思っており、戦う前から心配がよぎる……1戦目はなんとか先行できたものの、着地狩りが的確すぎて復帰できずに負け。2戦目も着地見られまくられて最後は崖登り攻撃の後隙に空前入れられて負け。このあと迷ったが、このままマリオで行っても同じなのではないかと思い、勇気を持ってルイージを出すことに。3戦目も正直負けムードだったが、上スマの後隙に上B当ててなんとか勝利。(ジャンプ空上の暴発?)4戦目はすま村台が端にいったところで後ろ投げをし、早期バーストできたのが大きかった。5戦目は2スト共サイクロンメテオを当てて勝利。今までの自分は困ルイだいたい失敗、0-2 (2先は0-1)から取り返せず負けるというパターンばかりだったのに今回は全く真逆で自分でも驚いた。個人的に大勝利でした。勝者側決勝Aki シーク(マリオ×1、ルイージ×4)×○○××Akiさんとの試合あまりにも集中しすぎてあまり内容覚えてないので動画を見た方が早いと思います。前のスマバトでもそうだったけれどこっちのやりたいことを的確に潰しつつ的確に技を通してくる。マジで強かったです。初めマリオで負けてしまい、さきほどルイージの調子が良かったのもありシークにルイージは相性悪いのを承知の上でルイージを出すことに。最終的には負けてしまったが、5戦目まで持ち込めた上にかなり惜しかったので改めてルイージも悪くないなと思えた。勝てなかったのはかなり悔しいけれどルイージの新たな可能性に目を付けれたので悪い内容ではなかったと思ってます。敗者側決勝Edge ディディー、シーク(マリオ、ルイージ)○×○×○ドバイぶりの対キングです。1戦目、前の試合からルイージの調子がいいのでルイージ、ルイージDD。バナナ当て起き上がり読み上Bを外したりバナナ回収に横スマぶっ刺したりいろいろあってまず一本。2戦目はシークに変えてきた。Akiシークとやってたのもあり流れは悪くなかったけれど甘い暴れに上スマされて70%程でバーストされてしまう。正直もったいなかった。3戦目はマリオシーク。常に自分のペースを保ち勝利。4戦目は再びDDに。ダウン連入ったけれど横スマを手で当ててしまうという痛恨のミス。その後順調に取り返されてしまって2スト共空後でバーストされて負け。最後は再びルイージDD。バナナ投げ上Bで早期バーストできたもののすぐに取り返されてイーブンに。でもその後の流れが良く最後は上スマで勝利。なにげに初めて大会でキングに勝てたので密かに嬉しかった。グランドファイナルAki シーク(マリオ、ルイージ)○×○○ ×××リベンジ戦。奇跡的に3本取って敗者側に落とせれたものの、最後はストレートに負けて終わり。ストレートといっても最後の試合はかなり接戦だったし、Akiさんが一本うわてでした。楽しかったのでまたやりたいし次こそは勝ちたい!……ということでスマバト20は準優勝でした!僕が初めて出たスマバトは12、初スマバト行こうとしたら熱が出ていけなくなった時が懐かしいです。スマバト出場はこれで5回目で優勝1回、準優勝3回目になります。結果としてはかなり良い方だとは思うけれど毎回あと一歩が足りていない感じも否めないのでもっと頑張りたい。あと今回のスマバトはルイージがかなり活躍できたと思ってます。ルイージを出せるのは僕の強みでもあると思うのでこれからも2キャラ(+ヨッシーも)で頑張っていきたいです。ではこの辺で、また都合の合うオフ大会があれば行きますのでまたお会いしましょう

スマバト12 オフレポ(0)

なすび宅に泊まらせてもらい、ワリオ......ではなくゼロサム使いのなすびさんとピクオリ使いのさたんさん、それと途中で帰りましたがエッジさんとも対戦させてもらいました。そしてレッツスマバト。(なすび宅へ行くまでかなり道に迷ってしまっていたのはここだけの話)予選びたみん(ゲッコウガ) 2-1ジャン(ロゼチコ)2-1尚(カービィ)2-0sky(ゲッコウガ)2-0マータン(クラウド)2-0尚さんにのみルイージを出してそれ以外はマリオ。一ストック取られているびたみんさんとジャンさんとの対戦はどちらもお互い1スト100%越えの接戦だったが、なんとか上スマを当てて勝利。 予選全勝でした。本戦(シードだったので1回戦は無し)2回戦ソプモ(ロボット) ○○オンでも何度か対戦経験のあるロボ使い。こちらはマリオ。1戦目はお互い接戦だったが、相手側のミスで勝利。 2戦目も接戦で崖コマの対処をミスったりで危うい場面もあったがなんとか回避し、自分もホカホカがあることを利用し低リスクの空下でバーストを狙っていき、最後はその場崖上がりに刺さってバースト。本戦始めから危なかった......。対戦後、ソプモさんにコマに当たった時のベクトルは決まっているのか聞いてみたらどうやら投げた人の向いている方向に飛ぶ法則があるそうです。勉強になりました。3回戦ヨシドラ(ヨッシー) ○×○スマメイトでかなり対戦している最強ヨッシーの方とまさかの3回戦目で当たってしまう。(トナメ表でもすぐ上にいたので気になっていた) 1、2戦目はマリオで、1スト目はこちらの空後と向こうの空前メテオが相打ちになってしまったが、崖近くだったので何とか受け身をとり、相打ちを免れる。その後ダッシュ掴みの後隙に下スマ当てて勝利。2戦目は上手い流れが掴めず、最後はメテオのバウンドを回避してしまい空上でバーストされて負け。3戦目は少々自信は薄かったが、勇気の決断でルイージを選択。しかし流れを一方的に取られてバーストされてしまい、焦ってしまう。しかしルイージの瞬間的火力の高さを上手く活かすことができ、ストックもダメージも一気に追いついて最後は上スマで何とか勝利。オフでヨシドラさんと対戦できたのは嬉しかったが、できればもうちょっと遅く当たりたかったのが個人的な望みでした。(ヨシドラさん本人もそう言っていた) うみうしさんの実況が気合入ってた。Sylphさんのツイート見ると会場のみんな全員見ていたらしくて驚きました笑4回戦Shogun(フォックス)○○対フォックスはルイージの方が自信があったので使用キャラはルイージで。タミスマでそらさんのフォックスに負けたので実はちょっと自信なかったりしていたが、4ストのうちサイクロンメテオを決めたのは1度だけでそれ以外は普通にバーストして勝利。Shogunさん自身対ルイージ経験が少なかったらしく、それも大きく助けられたかもしれない。5回戦リーマ(トゥーン)○○ヒロスマで少しだけ対戦したことのあるトゥーン使いの方。キャラは相性のいいマリオを選択。1戦目も2戦目もメテオや崖メテオが決まって大きく差をリードできていたので特に危なげなく勝利。この勝利でベスト8確定でまずここを目標に頑張ってたのでひとます歓喜。勝者側準決勝OCEAN(ロボット)○○またまたロボット戦。キャラはマリオを選択。ソプモさんと接戦を繰り広げていたので若干心配があったが、むしろ前にロボとの対戦経験があったからか全体的に上手く流れを掴めて勝利。ただ一戦目のこちらが崖メテオを決めてやろうと思っていたところに空下でメテオを逆に決められたのは一瞬ヒヤッとしました。勝者側決勝古森霧(ソニック、クラウド)○××勝てる自信はほぼなかったが、心の中ではまずここまで来れたことを喜んでました。本戦へこちらは全てマリオ。一戦目相手はソニック、向こうがほぼ動いてくれないのでこちらから崩すことを試み、近距離でのスピン解除ガード読みで掴みを通していき、火力を取っていく。それでもかなり厳しいが、この試合は差し込みが上手く通り、無事勝利。2戦目はクラウド、序盤に復帰阻止が決まり、流れはこっちに流れた。しかし1スト取られたあと台降りから空NLB凶斬りを決められてしまい、早期バーストされて負けてしまう。この試合は勝たないといけなかった; 3戦目はソニックに戻してきたが、対応されてきてこちらが対処しきれず負け。敗者側へ敗者側決勝HIKARU(ドンキー)○○今回のスマバトでもそれ以外のオフ大会でもリフコンで何人ものプレイヤーを壊してきたのを見ていたので恐れていたが、ここでドンキーに相性のいいヨッシーを出そうと思っていた。しかし隣でHIKARUさんは「やっぱりそう来ますよね?」と言ってベヨネッタを選択する。ヨッシーで対ベヨはやりたくないので仕方なくヨッシーはやめる。ヨッシーに次いでドンキーに相性よく、ベヨにもまあまあ戦えるルイージを選択。ドンキーのコンボ耐性の低さとルイージの近距離の手数で近距離を圧倒し、とにかく攻めまくって2戦とも勝利。ルイージ(ヨッシーも)は落下が遅いおかげでリフコンバーストされにくいという安心感があったが、2戦目村街の台上で掴まれた時は一瞬ヒヤッとしました。ルイージにもリフコンを決めようとしてくるのはさすがHIKARUさんって感じがしました(笑)あ、もしヨッシー出ることを期待していた人がいたらごめんなさい;グランドファイナル古森霧(ソニック、クラウド)○××リベンジ戦、一戦目はステージ戦場キャラマリオソニック。何故かわからないが一本取ることはできるらしい。先ほど同様読み通して火力を取り、こちらが%リードした状態でストックが少なかったのでタイムアップを狙って勝利。2戦目はクラウド。前回以上に圧倒されてしまい、着地や崖上がりの回避をほぼ全て狩られてほぼ抵抗できずにニタテされる。3戦目はソニックに変えてきたが、かなり前にメイトで戦っていた時に割と善戦できていたのでいけるのでは?と思い、間違いと思いつつルイージを選択。初めは空前サイクロンが刺さったが、すぐに対応されてしまい、FBにも付き合ってくれないので普通に攻め込もうとするもルイージの落下が遅いせいでマリオ以上に差し込みが辛い。結局突破口が見つからず、%リードされた状態で逃げ回られて最後は崖メテオされて負け。結果は準優勝でした! スマバトは今回が初参加でしたが、かなりいい結果を残せたんじゃないかと思ってます。マリオとルイージが上位に上がってくるところをあまり見ないのでまた機会があればオフでもマリオやルイージで大きな結果を残せたらいいなと思います。初めて出会えた人も話してくれた人もたくさんいてとても楽しかったです! また機会があればちなみにサブイベ3on3チームはFILIPさんたつつよさんのトリプルマリオチームで出ましたが初戦敗退しました。 3on3見るところ多すぎて難しすぎ!

ヨッシーでメイト潜ってみた感想(4)

実は最近使いはじめたという訳ではなく、ちょくちょくと使っていたキャラで今まではメインと比べて弱いと思っていたので控えてましたが、クラウドも含め、いろんな人がメイン以外のキャラを使ってメイトをやっているのを見て自分も真似しようと思い、サブ垢ではありますが、ヨッシーを使ってみました。案外1700まではすらっとのることができましたが、1800から伸び悩みはじめてきました。このキャラバーストが難しい!!!!!!!!!弱上スマや空前空上などの優秀なバースト手段はあるものの、掴みの隙がでかい上に投げから直接バーストを狙うことができないのがつらすぎました。(一応下投げ空上はあるものの、ベク変されると入らない)上に行けば行くほどバースト拒否が固い人が多くなってかなりバースト難民になっていくのを実感してきました。 マリオやルイージの後投げが恋しくなる……とはいえ1800まで行けたのはもしかしたらまだ伸びる可能性があるかもしれないのでマリブラにヨッシーというコンビの完成に近づくべくこれからも頑張るつもりです!余談ですがヨッシーって何色が一番使い手が多いんでしょうかね。ちなみに私は赤です。

ヒロスマ11/15 オフ大会初参戦(1)

13日のタミスマで優勝を果たし。14日ネギさんと待ち合わせて車で一緒に広島へ出発。 昼食を食べ終わった後FILIP宅へ。オフ会自体が初めてだったので最初は会うのがとても心配でしたが、実際に会ってみるとそんなことはありませんでした。 FILIP宅へは自分以外にFILIPさん、ネギさん、そして途中からワックスさんとなんちゃんが来て5人集まりました。 FILIP宅でオフに慣れるために少しスマブラをし、その後FILIPさんとガチ10先を行い、10-3で勝ちました! オンとオフは別ゲーだとかよく聞いてたので心配していたのですが、個人的にそこまで差は感じず、大会でもいけるのではないかと自信を持ってきました。 その後、スマブラではなく何故かNEWスーパーマリオブラザーズU(私が持参してきました)をやり、12時ぐらいまでワックスさん達とスマブラフリーをして寝る。(FILIPさんワックスさんなんちゃんはまだずっとやっていた模様) そしてヒロスマ当日の15日。会場に着いて少しだけフリー対戦。9Bさんとも一戦やらせてもらいました。 ヒロスマ予選はGブロック(ロン、なんちゃん、TONY、くろうさ、しみたけ、ムカピー) vsなんちゃん(メタナイト) 2-0 こちらルイージ、FILIP宅で既に手を合わせていたが、1スト目受身を取れなかったら怪しかった。一スト先行したあとはそのままこちらの流れに持っていき2タテで勝利! vsTONY(シーク) 2-0 こちらマリオ、TONYさんともフリーで手合わせ済み、鉈に苦戦したが、マリオのコンボで一気に火力をとっていき、バースト拒否もなんとかできて2-0で勝利! vsくろうさ(ゼロサム)2-1 こちらマリオ、1スト先行され、その後1スト削るも相手のペースで進んでいき危なかった試合。崖奪い空後をくらってギリ死ななかったのが救いでした。 vsしみたけ(ピカチュウ)2-1 こちらマリオ、ピカチュウは戦場が厄介だと勝手に思ってたので戦場を拒否してステージはすま村になったのですが、空前で場外まで運ばれてすぐに1スト先行されてしまう。しかし何とか巻き返して最後は着地にニイハオかまして何とか勝利。タミスマでもタケさんとの勝負はちょっと危なかったので対ピカチュウはまだまだ修行がいると思いました。あとすま村は選ばないほうがよさげ。 vsムカピー(ガノン)2-0 こちらマリオ、他の方との試合を見てトリンで来るかと思ってましたが、まさかのガノンでした! ガノンし流れをとられるとあっという間に負けるのでコンボと復帰阻止を徹底し、2スト残しで勝利。 予選は全勝で通過し、本戦は2回戦目からスタート。 昼休憩はFILIPさんなんちゃんネギさんかるぴすさんと食べに行き、少しだけフリー対戦もして本戦へ。 本戦 勝者側 2回戦 vs rento(ロボット、リュウ) 2-0 こちらマリオ、特に危なげ無くこちらのペースで試合展開していき、二試合とも2スト残しで勝利! 3回戦 vsハレ(ソニック) 2-0 こちらルイージ、今までやってきた対ソニック経験をいかし、スピンを空Nやサイクロンで狩っていきこちらも危なげ無く勝利。 ハレさんとはオンでチーム対戦したことがあり、向こうも私と戦ったことを覚えてくれていてうれしかったです。スマメイトでも一戦やったことがあるらしいですが、私は忘れていました……。非常に申し訳なかったです。 4回戦 vs JUN(カービィ) 2-0 こちらマリオ、お互い五分の展開で試合が進んでいきましたが、最終的には無事勝利! 使っていたwii UがちょうどJUNさんのものだったのでリプレイもしっかり取られました笑 5回戦 vs きぃ(ピーチ) 1-2 こちら1、2戦目ルイージ、3戦目マリオ、かなり強いことで有名なピーチ使い。実はずっと前にスマメイトで対戦したことがあったので初めてというわけではなかったのですが、感覚的にはもう初めてって感じでした。 しかし、ピーチ全一の名は伊達ではありませんでした。1戦目は崖上がりFBにクラウン(空前)を合わせられて敗北。2戦目はその場崖上がりに上スマを合わせられかけたが、ギリギリシールドが間に合い先行できたおかげで勝利、3戦目、すま村の台上からマリオの上Bを使い、台に着地するつもりで急降下したが台が無く、事故死という形に。しかしそこから一気にバースト、2スト目もこちらがリード%していきました。が、油断してクラウンを喰らってしまい、敗北。敗者側へ回ることになりました。対ピーチはFILIP宅でワックスさんとやってきたのですが、それでもうまくいきませんでした。。 ここから這い上がることができるかどうか…… 敗者側 7回戦 vs Sylph(シーク) 2-0 こちらマリオ、シルフさんとはフリーで2戦ほど対戦していただきました。こちらがストック先行はできたものの、そこからの追い上げは半端じゃなく、終始油断できませんでした。前投げ跳魚を持っていないと話を聞いていたシルフさんでしたが、普通に強かったです。2試合目リプレイ取り忘れてしまい、すみませんでした。 8回戦(準決勝) vs FILIP(マリオ) 2-0 こちら1戦目マリオ、2戦目ルイージ、宅オフで10-3で勝利したFILIPさんとこんなところで当たりました。しかし、はじめにこちらのRボタンのNポジがおかしかったらしく、シールドが出せなかったため、試合途中でFILIPさんに頼んで試合をやり直し。状況がこちら劣勢だったので非常に申し訳なかったです;; FILIPさんの優しさに感謝しています。 気を取り直し、既に勝ち越していた相手ではあったものの、やはりこのマリオは強かったです。1試合目は相手が反転上スマをミスったから勝てたかもしれません。2試合目はルイージの空後と上投げでバーストし、なんとか勝利。 この後DXの配信が始まりforはしばらく休止。あのaMSaさんのヨッシーを生で見ることができました。異次元すぎて私には理解不能でした笑 ルドルフさんに負けて準優勝でしたが、ヨッシーでフォックスと戦うのってforで言うとルイージでシークを相手にするぐらいのレベルなのでは?っと思うとかなりすごいと思います。 両者ともとてもすごかったです。 敗者側決勝 vs きぃ(ピーチ) 2-0 こちらマリオ、勝者側で負けたきぃさんとのリベンジ戦。前に戦った感じ、ルイージだときつかったので使用キャラはマリオのみに。1戦目、下投げからクラウンを喰らってしまい1スト先行されてしまったが、崖上がりに上スマを合わせて取り戻す。その後どちらが負けてもおかしくない展開が続いたが、こちらが崖上がりにマリオトルネードを合わせてギリギリ勝利! 2戦目、下投げから回避読みでメテオを決めて1スト先行。2スト目、きぃさんのミスか崖をつかめずに落下してしまい勝利。 なんとかリベンジを果たすことができ、決戦へ進出! 決勝戦 vs9B(リュウ) 2-1 2-0 私は敗者側からの挑戦のため、9Bさんに2回勝利しなければなりません。 決勝戦はマリオのみ使用、一戦目はこちらのペースを維持して勝利できたが、二戦目敗北。ジャンプ上がり読みの上スマをセビで消されて驚きました。三戦目、ここで負けるわけにはいかないと言わんばかりに頑張りました。昇竜をギリギリで拒否し、下弱に横スマが刺さって先行。その後着地を読まれて30%しか与えられずに1スト落とされてしまうが、火力を一気にとっていき、上スマでバースト! なんとか本当の最終決戦まで進出!ちなみに横スマが偶然出たのはここだけの話。 最終決戦一戦目はルイージを使用。マリオの方が対リュウはやりやすいと思いますが、ルイージを出したいという意欲を抑えられずに出しました。結構溜められた状態で1スト先行できましたが、バースト拒否を長くできたおかげで100%以上相手のダメージを溜めた状態で1スト落とされる。その後はこちらの%にかなり余裕があり、横スマ上シフトを決めて勝利。 2戦目はこちらマリオ、ガウル平原終点化でBGM機の律動でもうここで決めるしかない!と思いつつも、1スト先行されてしまう。何とか35%まで抑えて相手のストックも落とせたが、150%まで溜められてしまう。しかしジャスガから上スマが決まりなんとか逆転! 優勝しました。 その後インタビューを受けて7時までフィットレンジャー緑ことりんさんとフリー対戦して会場をあとにしました。 初のオフ大会でとても緊張しましたが、皆さん優しく話しかけてくれてもうこれからオフに行くのに心配することはなさそうです。 そして初のオフ大会で初優勝することができ、たくさんの人からお祝いの言葉をもらえてとても嬉しかったです!この思い出は一生忘れません。 とても楽しかったので機会があればまたスマバトやウメブラにも顔を出したいと思います。 かなりの長文になってしまいましたが、皆さんヒロスマ本当にお疲れ様でした!