ガノンでのゼロサム対策

最近前まで勝てなかったゼロサムにも勝てるようになってきたのでメモ

要注意技
空上
コンボパーツとして優秀……というのもそうだが、地味に吹っ飛ばし力が高く、ゼロサムの機動力とも相まって上空でボーっとしていると突然食らって死ぬことがあり、頭に入れておいた方がいい。


空NA
メインの火力技で、ワイヤーやNBで牽制をしていても結局最後にはこれが飛んでくることが多い。
食らうと色々コンボが繋がるが、ディレイで出すという性質上、各種SJ攻撃でおもいっきし対処することが可能。
ガードしても弱あばれなどで反核が取れないため、中距離になったらSJ空上などを出しておくのが吉。
ただし、ワイヤーなどでSJを牽制してくるため、SJをするかガードするかは読み合いになると思われる。

掴み
発生も遅く後隙も膨大だが持続が長くその場回避や後ろ回避も駆られてしまうことが多い。
またゼロサムのダッシュの速度とワイヤーの長さが融合してとんでもないリーチを誇る。
高度の関係でガノンのSJも狩れるため中距離で様子見しているときは、たまに大Jを入れたりして常に警戒する。

ワイヤー
NBと併せてこちらの空NAや掴み潰しを潰してくる。
ただしガードすれば全く問題ないのであまり気にかけ過ぎない。
ワイヤーに気を取られすぎると空NAでいいようにされてしまいがち。


上B
意味不明なバースト力を持つ攻撃技。
発生も早くガーキャンから出せることもあり、こちらの甘えたDAや下Bにあててくることがある。

ステージ中央側に向かってベク変をすることである程度バーストラインを緩和することが可能。


NB
いうまでもなく当たるとすごく痛い目に遭う。
出すタイミングとしては
・そのまま中距離で
・SJ透かし
・着地際


が多いので、上記の状況ではガードをしておいた方がいい。

空後
ジャンプ上がりに刺さることがあるのと、崖奪いから確定する。
とくに崖奪いはゼロサムのダッシュの速度のおかげで意識していないとかなり高確率で食らってしまうため、常に意識する。


要注意コンボの抜け方と確定%帯

掴み→空上*2→上Bバースト
掴みから始動の場合はゼロサム側の斜め下に半月ずらしをすることでほぼ確実に抜けられる。
万が一上Bまで当たってもなぜか最後まで食らわずすっぽ抜ける。

空上→上Bバースト
左か右かの2択ベク変で避けられるが、人によっては多分見てから反応できる可能性が高く、バーストライン付近で空上を食らった場合は諦めた方がいいかもしれない。

空NA→下Bバースト
外ベク変で回避が間に合うが、意識外から空NAを食らった場合ベク変が間に合わないことも多い。
ワイヤーをみたら外ベク変しておくくらいの気合いが必要。



総合
バースト方法が豊富で慣れるまではかなり苦戦しやすい相手。

立ち回りとしてはワイヤーやNBでガードを固めてくるが、NBやワイヤーはガードすれば無問題。

そもそもNBやワイヤーは全体Fの関係上近距離でバンバン打つことができず、警戒のされやすさも相まってそれ単体では火力を稼ぎずらい。
よってゼロサムはNBやワイヤーで相手を委縮させつつも、メインのダメージソースとして必ず反確のない空NAやつかみを当てに来る。

なお、NAはSJディレイから出すという使用法上、どうしてもリーチが短く、距離が縮まった時に出してきやすい傾向がある。


よってガードを固めつつ時折ジャンプ回避(掴み対策)やSJ攻撃(空NA対策)を混ぜる立ち回りをして差し返す。
なお、相手から見た技のリスクを考えれば振る機会が多い技はつかみ<空NAであるためジャンプを多くするよりもSJ攻撃を沢山振った方がいいと思われる。

6月11日 08時59分に投稿

お気に入りしたユーザー

コメント

コメントはありません。