ろこさんのプレイヤー日記一覧

プレイヤー日記について

投稿された日記の一覧ページです。
スマメイトに登録することで、日記を書くことができます。

日記一覧

【16期~18期】レート2000→2100を振り返って(0)

初めての方は初めまして、前回の日記をご覧になってくださった方はどうもありがとうございます、ろこです。今回新たな目標であったレート2100に乗ることが出来たので、2000に乗った16期からの反省を書いていきたいと思います。前回の日記では、レート2000維持もしくはトゥーンリンクでの最高レート更新を目標にしていましたが、結局ベヨで上を目指したくなりました。16期:2031(ベヨネッタ使用)まず16期です。前回の日記でも軽く触れましたが、1番大事な16期のところを面倒になってかるーく書いちゃったので改めて書こうと思います。前回でも触れたようにこのときは上振れで2000に行きました、そこは嘘じゃなく、実力的には2000は無かったと思ってます。このときは海外のベヨネッタをとにかくひとりで研究しまくって、立ち回りで個人的につまづいたところをベヨネッタ窓の方に相談してみたりといったことをやってました。ですが、基本的には海外ベヨのコンボを研究してそこから得たコンボ火力でひたすらリターン差でゴリ押すという勝ちパターンが主でした。だからこそ、ずらしが上手い人よりも始動技が当たらなかったりそもそもコンボが入りづらいキャラに対して滅法弱い節がありました。振り返って反省してみると、このときはいわゆるベヨの立ち回りというものがすごーく下手で始動技を当てられないと話にならないって感じでした。17期:1998(ベヨネッタ使用)このときから、コンボだけでなく少しずつ立ち回りを考えるようになりました。以前は海外ベヨの動画を、コンボに特に着目して研究することが多かったのですが、この時からどこで始動技を当てているのか、どういう風に相手に技を出させているのかという点を重要視するようになりました。しかし、新しい立ち回りを覚えようとすると(こういう言い方をするのは良くないかもしれませんが)スランプというものを感じました。コンボ火力で勝つだけでなく、立ち回りでのターン継続も視野に入れて対戦をこなすことをやろうとしていましたが、対戦中にどっちつかずになったような、どっちのパターンで行くのか?みたいな感覚が上手く切り替えられずにリターンもターン継続も得られないまま負けてしまうというようなことが多くなりました。実はこの期でも最高レート自体は更新出来ていてそれが2096だったのですが、今述べたような要因もあり、そこから負けに負けを重ねて2000を切るに至りました。運が良ければあるいはこの期でも2100に到達することは出来たのかもしれませんが、今の自分のベヨの方が前期の自分のベヨよりも確実に強くなったと思ってるのである意味では良かったと感じています。18期:2102(ベヨネッタ使用)※2018/10/22現在前期に引き続いて、立ち回りでのベヨの強さを研究していました。17期と18期付近で、同じくベヨネッタを使っているオリハラさんと対戦を重ねたのも個人的には凄く大きかったです。オリハラさんのベヨネッタの立ち回りが、まさに立ち回りが強いベヨネッタという感じでターン継続が凄く上手く、対戦していて非常に勉強になりました。上手い人同士の試合を見るというのも勉強になりますが、自分自身が強い同じキャラの使い手と対戦するというのも物凄く勉強になります。自分のどこが悪くて、どこが良かったのか、逆に相手のどこが良くてどこが悪かったのかというのが直に分かるので立ち回りの矯正はこちらの方が圧倒的にやりやすかったです。また、オリハラさんにはいろんなキャラの対策を聞いたり、教えたりといったことを何度かしていて、多かれ少なかれ考え方の違うベヨネッタのことを直接相手から聞くことで自分の立ち回りに大きく刺激を与えることが出来ました。そういったのもあって、自分のベヨの立ち回りを徐々に固めることにも少しずつ成功していきました。最後に2100を到達したときに当たった相手は対ベヨに定評のある…というか、個人的に苦手意識のあるクラウドの方でした。苦手意識の理由は異常なまでのずらしベク変でいくら始動を当てても即死が狙えないというものでした。でも、そういうずらしベク変なのだと分かっていれば、即死を狙うのではない、ダメージと展開の継続を狙うコンボに変えて立ち回ることで展開は多少好転します。今回はそれが上手く機能して攻略することが出来ました。このときにはオリハラさんがよく使う単体空後や押し込み空Nの当て方も活用していました。17期と比べて18期は・ずらしベク変への火力や外した後の展開、 1度着地してからまた追撃もしくは着地狩りに行くのかや 着地せずにそのまま追撃に行くのか等等 もろもろを含めた対応を打ち出すのが全体的に早くなった・地上での差し合いに使う択や復帰阻止の択が大きく増えた・バーストの狙い方が柔軟になった・WTの振り方が若干上手くなったというあたりで成長をしたと思ってます、他の方に聞いたら違うところもあるかもしれません。相変わらず勝てないっていう方はいますしね汗あとコンボ関連に関しては日本で自分ほど研究している人は絶対に居ないというくらいの自信があります。それが自分のベヨネッタの1番の強みなのは変わってないと思ってます。それもあって、立ち回りの強さが若干足りなくても相手の立ち回りにリスクをつけやすかったっていうのは間違いなくあったと思います。18期の反省はこんな具合です。読みにくかったり、誤字脱字があったらごめんなさい。新作まで残り2ヶ月を切り、この楽しいキャラで遊べるのもわずかになりましたが、残りの期間でモチベーションがあれば前の日記でも書いていたように、さらにレートを上げるか、ほかのキャラで挑戦するーっていうのをやろうと思います。ここまで読んでくださってありがとうございました!

(再掲)【5期~16期】レート1300→2000を振り返って(8)

※この日記は再掲です、以前のアカウントで書いたものをコピペしました。わざわざこんな日記に足を運んで頂きありがとうございます! 初めまして、ろこです。 初めての日記です。変に緊張しますね、なんだか...笑16期である今期のスマメイトでなんとか2000まで行けたので、これまでのスマメイトとその中での成長?というか、感じたものを1期ずつ振り返っていこうと思います【5期】最終レート:1326(トゥーンリンク使用) 懐かしいです。ガチ部屋をやり始めて少し経った頃で、ガチ部屋勝率は40~50%くらいでした。そこそこ勝てるようになってきて、自信も付いてきた頃にスマメイトの存在を知りました。もっと強くなりたい!って思いで始めたスマメイトでしたが、まあ当然というかレートはガンガン下がりました。やり始める前はさすがに1500...悪くても1400は切らないだろうと勝手に思い上がっていました。その思い上がりのおかげか最初のうちは1勝2敗とかで粘っていました、本当ですよ?ただ、言ったようにこれは最初のうちだけで、10戦あたりでその化けの皮が剥がれてしまいましたね...8連敗して悔しくて泣いた覚えがあります。それからはよく言えば気持ちを切り替えて、悪く言えば半分自暴自棄で緊張せずにレート戦をしていました。最終レートでお察しだと思いますが、一度1300まで落ちてしまったこともありました。(当時はレートの下限があり、それが1300でした)でもさすがに1300で終わるのだけは嫌だったので、この後少しだけ上げてから5期はやめました。 この頃はまだ自分のキャラの強みを押しつけることしか知らなかったのだと、今になっては思います。 一応この頃参考にしていたトゥーンリンク使いの動画を貼っておきます、ホタさんという方です。http://www.nicovideo.jp/watch/sm25078626【6期】1417(トゥーンリンク、ゼルダ使用) ガチ部屋でリィナさんという強いゼルダ使いの方に出会ったのもあって、それまで原作愛でなんとなく使っていたゼルダを本格的に練習してスマメイトでも使いました。トゥーンリンク自体の使い込みも深くなったおかげで、前よりも戦績もよくなり成長を実感していました。しかし逆に、これだけ強くなったのにまだ平均を割るのかというショックもありました。むしろそっちのショックが圧倒的に大きかった..。この頃にタミスマというオンライン大会の存在を動画で知りました。タミスマについてはこちら→ tamisuma.jp/ これをきっかけに色々なトゥーンリンク使いの動画を見るようになり、テクニックや攻め方、逃げ方など俗に言う「択」というものを増やすようになりました。とはいっても、この期でも何度かレート1400を割ってしまったのですが...。【7期】1582(トゥーンリンク、ゼルダ、リンク使用) ガチ部屋でT.JACKさんという強いリンク使いの方に(以下略もう伝わってると思いますが私はゼルダの伝説シリーズが大好きです。それこそスマブラを始めるきっかけになったくらいには...笑 このときはトゥーンリンク、ゼルダ、リンク、ガノンドロフの順でたくさん使っていました!うん?シークですか?そんなキャラは知らん あれはスマブラというゲームのオリジナルキャラクターです。異論は認めナイ。というか、今作のゼルダの伝説キャラの原作が「ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス」という作品なんですけど、この作品にシークってキャラはいないんですよね...。シークというキャラが出てくるのは「ゼルダの伝説 時のオカリナ」と「ゼルダ無双」シリーズだけ!どっちも面白いのでやったことのない方は是非プレイしてみて下さい! 話が逸れました...ごめんなさい()やりこむ毎に使用キャラが増えていくってなんだか良いですよね!ポケモンみたい!さて、この頃にレートが100以上伸びているんですけど、その理由として・強いトゥーンリンク、ゼルダ、リンク使いの方々とたくさん対戦させて頂いて、それぞれのキャラの強み、弱み、得意な間合いや苦手な間合いといった知識をたくさん吸収したから。・自分が使っているキャラだけでなく、他キャラへの理解も深まったおかげで対戦相手のキャラの弱みを突けるようになってきた、また強みに付き合わないという、俗に言う「キャラ対」というのが少しずつ出来るようになったから。この2点に尽きると思います。【8期】1565(トゥーンリンク、ゼルダ、リンク使用) あれ?下がってない・・? 違うんです、違わないけど() 正確には最終レートは下がってしまっていますが、最高レートは1600を超えました、という感じです。特別何かをしたわけではありません。やっていたことといえば、上に挙げた2点をもっとやったというくらいです。でも、1600超えを賭けた試合に勝ったときは感極まって思わず「やった!」って声をあげてしまいました笑 あ、上に挙げた2点だけと言いましたがもう一つあったのを思い出しました。それは自分の使っているキャラの使い手が対戦している動画をしっかり分析することです。もとから上手い、才能を感じさせる人っていうのはやっぱりどこの界隈にも居て、このスマブラももちろんそうなんですけどことこのスマブラというゲームにおいては間違いなく参考にはなります。自分は5期からこのときまでやっていてスマブラのセンスがある方だとは思っていませんでした、今もですが。でも、その上手い人たちがアドリブでやっている動きでもその動きを自分が知っていれば試合中に使うことが出来ます。そういうわけで、私はこれまで1、2回は見たという動画をもう2度、3度と見返してノートやメモに書き連ねるようにしました。【9期】1706(トゥーンリンク使用) 祝1700!おめでとう昔の私!「ろこさん、8期までの使用キャラは?」「トゥーンリンク、ゼルダ、リンクだね...」「今期の最高レートは?」「1700だね...」「もう一つ質問いいかな?」「ダメです」 勘のいい人じゃなくても見てお気づきかと思いますが、この頃にトゥーンリンク1本に絞りました。全体的に出しているキャラはトゥーンが多かったこともありますが、1番大きな理由は「複数のキャラを高いレベルで使い続けること」の難しさに挫折したからです。2キャラならまだしも、3キャラともなるとさすがにまだスマブラ始めて1年の私にはそれは無理難題なものでした。複数のキャラを使う上でネックになるのが、そのキャラはそのキャラの動きをしないと一番の強みが発揮出来ないということです。ちょっと説明が下手ですね..。具体的に体験談で言うと、私はどうしてもトゥーンリンクの感覚でゼルダ、リンクを動かしちゃうことがあったんですよね、その自覚があるだけ良かったとは思いましたが。そういうことで、わざわざゼルダとリンクのポテンシャルを下げて使うくらいならトゥーンリンク1本の方が楽だと考えました。 上の方でもう2度、3度見返したと言いましたが、この頃には20回、30回は見返していました。もちろんノートやメモにもそのときの動きや互いの体力値、ラインの有無なども加えて。日を置いてまた同じ動画を見返してみるとまた違った発見があったり。ほかの対戦動画と同じ動きをしているところもあってたりして、そういうのを見つけたときは嬉しかったです。上手じゃない自分でも、上手なひとを丸々完全コピーすれば勝てるというのが身にしみて感じることが出来ました。でもこの頃はまだ、自分で考えてその場その場で判断して行動するということが出来ませんでした。だからこそ完コピしようと思ったんですけどね笑 ちなみに私が完コピしようと思ったトゥーンリンク使いのひとはこのスマメイトの最高レートが1973で、大会や対抗戦の対戦動画も20個以上上がっている方です。分かる人には分かるかな?笑【10期】1632(トゥーンリンク使用)あれ?また下がってない・・?違います。違わないk(( 10期はリアルが忙しかったのと1700行った達成感が大きかったのもあってモチベーションが全然出ませんでした。見方を変えて言うと、この状態では1700にはまぐれでいけても、間違いなく1800には行けないというのが分かっていました。1700前後じゃどうせ実績として記録される(いわゆるランカーになる)というようなこともないですしね((  なので、このときは11期に備えてトゥーンリンク使いの強い人たちに質問したり、実際に対戦して貰ってアドバイスを頂いたりしていました。このときにあるトゥーンリンク使いの方から言われた「ろこさんの動き、最初は考えられてると思ったけど勘違いだったわ」ということばが今でも頭の中に残っています。実際その通りで、「私はあのひと(↑の完コピしようとしたひと)ならこの状況でこうするだろう」という考えでトゥーンリンクを使っていました。上手い人には見透かされちゃうんだなーってびっくりしました。このときから自分で考えて動くことを意識するようになりました、それと同時にやっと「トゥーンリンク使い」になったような気がしました。【11期】1742(トゥーンリンク使用) 待ちに待った11期。完コピだけしていた自分はもういない、自分の考えた自分の立ち回りでどこまで行けるのか、1800も目指して頑張ろう! そう思っていた時期が私にもありました...。この11期はいろんな意味で私の転機でした。自分の考えた立ち回りとは言っても、参考になったところはもちろん流用していましたから、レートが下がるかもなんて思いはなくて、絶対に上がるという確信がありました。実際に1700までは割とすんなり上げられたので、その確信に間違いは無かったんでしょう。でも1700に上がってからというもの、レートが一向に上がらない・・。 レートが上がらないのにも悩みましたが、レートが上がらないというよりレート1800に勝てない。全く歯が立たない、勝つ未来が見えない。それと強キャラがあまりにも強い。どうやっても勝てない。お互いのリスクリターンが違いすぎる。強キャラには一度攻撃を通した時の火力が非常に高かったり、ノーリスク・ローリスクで相手の動きに制限をつけやすかったりなどいろんなタイプがありますが、強キャラと対戦していて5分に読み勝っても勝てないことや、マイナーキャラで強い人たちとメイトで対戦したときにセンスの差をまざまざと見せつけられたことがそれまでトゥーンリンクで頑張っていた私の心を折るには十分過ぎました。トゥーンリンクの弱さにムカついてトゥーンリンクのことが嫌いにさえなりかけました。でも、勝ちたい思いはありました。トゥーンリンクが好きで勝ちたいけど、勝てない。ならどうするか。トゥーンリンクで中途半端な強さのまま、こんな辛い思いをしてスマブラを続けるのか。私が選んだのはNoでした。この選択が良かったのか悪かったのか今の私には分かりません。でも、このときの私はトゥーンリンクのことを嫌いにならない自信がありませんでした。それが嫌で、キャラ変えを決意しました。使用キャラは、当時から今現在まで最強キャラとされているベヨネッタ。正直このときはトゥーンリンクを嫌いになるのが嫌なだけだったので、強キャラならなんでも良いと考えていました。【12期】1808[86位](ベヨネッタ、トゥーンリンク使用)ベヨネッタつよ 心機一転ベヨメイト、あまりの強さに愕然としていました。それぐらいほとんど苦戦もせず、すんなりと1800に行けました。一応悪魔のコマンドアフターバーナーが弱体化した後で当時のスマブラーからは少しはマイルドになるだろうと言われていた時期だったのですが、それにしても強すぎる。前期は100試合は超えて対戦をしていたのですが12期は32勝12敗の44戦で初の1800に行けてしまいました。拍子抜けするのと同時に、トゥーンリンクのときに対戦していた強キャラたちに対して勝手に落胆したりもしました。ベヨが強キャラの中でも突出して強いのはあるかもしれませんが、それにしても強キャラの強さになんとも言えない気持ちになったのを覚えています。一応このときはドンキーやクッパに対してベヨが不利と言われていたので、トゥーンを出したりもしていました。【13期】1924[21位](ベヨネッタ使用) 1900到達時点で44勝14敗、最終1924で47勝16敗、対策されていないのもあって即死コンボが決まる決まる。1900でやめたのはまだ1900行ったことがなくて、万が一レートが落ちるのが怖かったからです。とは言っても、1900が適正なんて気は全然しなくて、むしろまだまだ行けるとさえ思っていました。ドンキークッパに関しても結局ベヨネッタがやりやすくて、このとき全キャラベヨにしようと思いました。【14・15期】1760[98位]・1762[80位](ベヨネッタ使用)特になし この2期はなんだかあんまりモチベーションがありませんでした()とりあえず実績は取っておきたくて、対戦数も20戦ちょっとくらいって感じでした。でも、こんな気軽にここまでレートを安定して上げられたということには感慨深いものがありました。【16期】2031[5位](ベヨネッタ使用) 満を持してのスマメイト、今期は絶対に2000に行こうと思いました。というのも、新作が発表されてしまったから。久しぶりにスマメイトで100戦以上したと思います。まあ軽く2000行ってやりますよ-!と高を括っていました。言葉通り、1900までは37勝8敗と今度は負け数を10回以内に押さえて行くことが出来ました。この調子で2000だー!と思っていたのですが、なかなか上がらない・・。 この辺りになってくるとレート2000付近のひとたちとよく当たるんですが、これがまあ強い...。何が強いって、対応が早過ぎる。早いと言っても、最初の1、2試合くらいは勝てたりするんですけど、3回4回目以降の対戦になるともう人読みされてしまっているのか、全然攻撃が通りません。さらにずらしベク変の精度がとにかく凄い。即死は愚かダメージさえ稼がせてくれない。WTを当てたり、ほんのたまに即死や復帰阻止が入って勝つという感じでしか勝てなくなりました。それが変わったわけではありませんが、回数をこなしてなんとか上振れで2000に乗りました。これから、もしくは最近ベヨを使い始めたというひとにはかなりの茨の道という感じがしてあまりオススメは出来ませんが、間違いなくキャラパワーは全キャラ中1番なのでどうしても勝ちたいという人はアリかもしれません。 もう2000行っちゃったから目標がなくなっちゃったのですが、モチベーションがあれば来期は2000維持を目指してベヨネッタをまた使うか、またトゥーンリンクを使ってみるかしてみたいと思います。まあでももう新作出ますけどね!()こんなただ自分語りしたいだけの日記に最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。良かったら今度私とスマブラしませんか!笑